足の臭いと野菜

 

 

足の臭いと野菜について

一般的に足の臭いを助長させる代表的な食べ物は、動物性たんぱく質が含まれた肉類や乳製品で、これらの食事に偏っているという方は臭いが酷くなりやすいのです。

 

脂っこい食事は汗を分泌しているエクリン汗腺を活発化しやすく、汗が出やすくなる影響で足の臭いも酷くなりやすいので、できる限り野菜を中心として食生活に切り替える必要があります。

 

以前から愛されている魚類や野菜を中心とした食事を心掛けることによって、足に汗をかきづらくなるので、細菌が繁殖しづらくなって足の臭いの予防に繋がるというわけです。

 

もちろん、どんなに野菜を食べるように気を配っていたとしても、何日間も足を洗っていないといった不潔な状態になっていれば、足の臭いは絶対に防ぐことができません。

 

それでも、緑黄色野菜の中には血液の流れを良くしてくれるビタミンやミネラルといった栄養分が豊富に含まれており、バランス良く食べることによって血液がサラサラになり、老廃物の循環が正常になって足の臭いが改善されていきます。

 

食事療法によって自分の体質を変えることは不可能ではありませんし、足の臭いだけではなく、加齢臭や体臭といったありとあらゆる臭いの悩みを解決してくれるのではないでしょうか。

 

しかし、今まで脂っこい食事を摂取してきたという方が、いきなり食べるのを我慢し野菜中心の食生活に切り替えるのは簡単ではないので、少しずつ変えていくのがベストです。

 

「1週間に1日だけ肉類を摂取しない」「それが成功した1週間に2日に増やす」というように少しずつ変えていけば、ストレスを溜め込まずに食生活を変えられるかもしれません。

 

特に、なすやしそといった抗酸化作用を持ち合わせた野菜を食べることにより、足の臭いや体臭の予防に繋がるので、毎日の食卓に取り入れていくべきです。

 

体内の毒素や有害物質を体外に排出するデトックス効果がある穀物や海草といった食物繊維を多く含む食材も、足の臭いの対策に繋がるだけではなく、健康と美容を促進してくれます。

 

野菜を中心とした食事は、何よりも健康的であるというところが大きなポイントで、私たちが誇る文化である和食を中心としたメニューを心掛けるべきなのです。

 

食生活の欧米化によって、野菜や魚類といった食事を心掛けている人が少なくなっている傾向があるので、伝統を壊さないためにも少しでも食べる努力をした方が良いでしょう。

 

以上のように、足の臭いを改善できる食事メニューは、美肌や健康の促進にも繋がるので、肉や乳製品ばかりの食生活を見直すようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いと食べ物」に関するページ