足の臭いとピーナッツ

 

 

足の臭いとピーナッツについて

足の臭いや体臭は、普段の食生活によって大きく変化すると言われており、間違った食生活を送っているという方は悩まされやすいのです。

 

食べ物が足の臭いの全ての原因というわけではありませんが、ピーナッツといったナッツ類が好きな方は症状が悪化しやすいという特徴があります。

 

ピーナッツを過剰に摂取している方は、肝臓といった内臓が弱まっていることが多く、その影響によってストレスを感じやすくなり、体内で発生した活性酸素と脂肪酸が結び付いて過酸化脂質が生成されるのです。

 

この過酸化脂質に体内が酸化されると、不快な臭いが引き起こされ体臭や足の臭いが酷くなる原因となるので、ピーナッツはできる限り控えた方が良いと言えるでしょう。

 

もし、不快な臭いを少しでも和らげたいと思っているのであれば、還元性のある食べ物が最適で、その代表的なものが緑黄色野菜となっております。

 

強い還元力のある食べ物が体内に入ることにより、体内に存在している有害物質や老廃物を排泄しようとする働きを高めることができるので、足の臭いや体臭にも少なからず良い影響があるというわけです。

 

とは言え、ピーナッツの中には汗を分泌を抑えるビタミンEが豊富に含まれているため、絶対に摂取してはいけないという食べ物ではありません。

 

それでも、過剰摂取によって足の臭いが強まるというケースも十分にあり得るため、足の裏にかく汗の量を少しでも抑えたいというのであれば、植物油やうなぎ、小麦胚芽といった他のビタミンEが含まれた食品を摂取するのが適しております。

 

汗によって必ずしも足の臭いが酷くなるというわけではありませんし、足の裏に密集しているエクリン汗腺から分泌される汗自体は、臭いを発しないという特徴があるのです。

 

しかし、その汗を雑菌が分解すれば、嫌な臭いが発生する大きな原因となるため、できる限り汗の分泌量を抑えられるような対策を練った方が良いと説明できます。

 

また、「怖がりやすい」「人前で上がりやすい」「ストレスを感じている」という方は、正常な人よりも発汗量が多いと考えられており、足の臭いを引き起こす原因となるのです。

 

ストレスが身体に引き起こす悪影響は非常に大きく、健康を阻害されることも十分にあるので、普段から上手く発散させるような対策を行うようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いと食べ物」に関するページ