足の臭いとレモン

 

 

足の臭いとレモンについて

足の臭いを防ぐ方法の一つがレモンの使用で、果物のレモンを上手に活用すれば、少しずつ和らげていくことができます。

 

レモンだけではなく梅干やグレープフルーツなど、クエン酸が含まれている食品を使用してローションを作り、それを足に直接塗ることで足の臭いの対策に繋がるのです。

 

これらの食品の中にはクエン酸がたっぷりと含まれており、皮膚の角質に浸透して表面に棲み付いている細菌の増殖を防いでくれるため、不快な臭いが発生せずに済みます。

 

クエン酸は健康維持に適した栄養素というだけではなく、足の臭いや体臭予防に適しているため、色々な方法を試しても臭いが改善されないというのであれば、レモンでクエン酸ローションを作ってみた方が良いでしょう。

 

以前から美容効果が高いということで注目されている方法ですし、肌に残った古い角質を取り除くピーリング作用も持ち合わせているので、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促すことができます。

 

市販で販売されているピーリング石鹸のように、肌に刺激が加わりすぎることもないので、敏感肌や乾燥肌の方で足の臭いを和らげたいのであれば、クエン酸ローションの使用が最適です。

 

皮膚に棲み付いている常在菌は酸性に弱いという特徴があり、お酢やクエン酸で消毒するのが一番なので、レモンの絞り汁で足湯を行うというのも一つの選択肢だと言えます。

 

また、細菌の繁殖を防げるということで、足に直接塗布したり足湯として利用するだけではなく、靴の中に入れて使うのも足の臭いの対策の一つです。

 

スーパーで購入できる通常のレモンを1個用意し、搾り汁を布にしみ込ませ、それを靴の中に放り込んで更にサランラップを使って上から蓋をしておくだけで、消臭効果が高まって嫌な臭いが心地良い香りとなります。

 

足の臭いが酷く、靴を脱いだ瞬間にモワっとした感じになるという方は、足自体から臭いが発生しているのではなく、靴の中が汚れていて細菌が繁殖していることが大きな原因かもしれません。

 

特に、ブーツを着用しているという女性は、中が密閉されて細菌が繁殖しやすい環境となっており、実際に嗅いでみると鼻を覆ってしまうはずなので、レモンの搾り汁で消毒した方が良いというわけです。

 

細菌の繁殖を抑えるとともに、レモンの心地良い香りが靴の中から漂うようになるので、足の臭いの改善に繋がります。

 

以上のように、足の臭いの対策に大きな効果を発揮するとともに、経口摂取によって「血液を浄化してくれる」「免疫力を高めてくれる」「疲れを回復できる」という効能が得られるので、積極的にレモンを食べてみてください。

 

 

 

 


「足の臭いと食べ物」に関するページ