足の臭いと食べ物

 

 

足の臭いと食べ物について

足の臭いと食べ物には、大きな関係性があるということをご存知でしょうか。

 

そこまで影響ないと思っている方が多いかもしれませんが、食べ物によって体臭や加齢臭がきつくなるように、足の臭いも酷くなる可能性があるのです。

 

足の臭いを酷くさせる食べ物としては肉類や乳製品が挙げられ、動物性タンパク質を過剰に摂取していると汗や皮脂の分泌が盛んになるため、それだけ細菌が繁殖しやすい状態となります。

 

汗自体が臭って足の臭いを引き起こしているというわけではないものの、その汗を細菌が分解することによって臭い成分が生成されるという仕組みです。

 

洋食に多い食事は、日本人の伝統的な和食と比べると動物性タンパク質や脂質を多く含んでいることが多いので、足の臭いは酷くなりやすくなります。

 

とは言え、これらの食べ物には私たちが生きていくために欠かせない栄養分が含まれておりますし、代謝機能を活発にしてくれるという良い作用もあるので、適度な摂取を心掛けるのが一番です。

 

また、ニオイの強いニンニクやニラといった刺激的な食べ物や、キムチといった辛い食べ物も、きつい臭いを発生させる大きな原因となるので、過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

 

それに、臭いのきつい食べ物は、足から発生する臭いが悪化するだけではなく、体内に残されていると身体全体から臭いを放つ恐れがあり、体臭を悪化させる要因にもなり得るのです。

 

それでも、新陳代謝が正常な方であれば、一日経過すればだんだんと臭いは放出されていくため、時間と日にちを気にして食べるのが良いと説明できます。

 

逆に、足の臭いを抑える食べ物として代表的なのが、野菜や魚類を中心とする和食で、主にビタミンB2やビタミンEを中心的に摂取するべきです。

 

これらの栄養素は、美肌や健康を維持するためにも欠かせないですし、普段から積極的に体内に取り入れるようにしていれば、足の臭いを軽減させることができます。

 

一昔前は、日本人は欧米人と比べて、わきが体質の方が少ないですし、体臭や足の臭いが酷い方も少ないと考えられてきました。

 

しかし、食生活の欧米化によって以前と比べて和食を中心とした食べ物よりも、肉類といった洋食を中心とする食べ物を摂取するようになったため、臭いの悩みを抱える方が増え始めたのでしょう。

 

今までの食生活を急に変えるというのは意外と難しいことなのですが、足の臭いと食べ物には大きな関連性があるので、できる限り緑黄色野菜や果物を食べるように心掛けるべきです。

 

もちろん、ある特定の食べ物を食べ続ければ足の臭いが改善されるという単純なものではなく、栄養のバランスが崩れていては体調も悪化しやすいので、普段の食事で何かしらの栄養素が不足しているのであれば、サプリメントを活用してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いと食べ物」に関するページ