ストレスが原因の足の臭い

 

 

ストレスが原因の足の臭いについて

足の臭いとストレスには特に関係性がないと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

実は、ストレスは足の臭いを引き起こす原因の一つで、それは汗が大きく関係しております。

 

汗をかくと臭いが強くなることはお分かり頂けるでしょうし、足の裏にはアンモニアやタンパク質といった臭いの元となる成分が分泌されやすいアポクリン汗腺が密集しているのです。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗自体が臭いというわけではないものの、アンモニアといった成分をエサにして細菌が繁殖するため、足の臭いの大きな原因となります。

 

そして、緊張状態を維持していたりストレスを感じていたりすると、汗をかきやすくなるので、足の臭いの原因となりやすいのです。

 

「緊張して手に汗を握る」という言葉の通り、精神的なストレスを感じているという方は汗をかきやすいので、足の臭いとともに体臭などにも十分に注意した方が良いでしょう。

 

このように、ストレスが原因で引き起こされる汗のことを精神性発汗と呼んでおり、体温調節が目的というわけではなく、心理的な要因によって生じるという特徴があります。

 

精神性発汗自体は健康的な方でも引き起こされますし、特別な病気にかかっているというわけではありませんが、元々アポクリン汗腺が発達しているという方は、足の臭いが酷くなりやすいのです。

 

私たち人間は、些細なことでストレスが溜まるという特徴があり、「仕事が辛い」「人間関係が上手くいかない」「身体が疲れている」といったように、人によって大きく異なります。

 

普段の生活で発散できていれば良いものの、ストレスを溜め込みすぎると足の臭いの原因となるだけではなく、様々な病気が引き起こされやすくなるので、注意しなければならないのです。

 

そこで、ストレスが原因の足の臭いを軽減させたいのであれば、ストレスを和らげるとともに、殺菌スプレーを靴の中に吹きかけたり、トイレで靴下を履き替えるといった対策を行いましょう。

 

足の裏にかいた汗をそのままの状態で維持しなければ、少しでも臭いを軽減させることができるのです。

 

しかし、足の裏に汗をかくのは自然現象の一つですし、男性でも女性でも、工事現場で働く人もモデルの方も同じなので、足の臭いを気にしないようにすることも大事だと説明できます。

 

女性の場合、足の臭いを必要以上に気にし過ぎて、ノイローゼ気味になる方もいらっしゃるので、「誰でも臭い」と割り切るようにしてください。