スプレーで足の臭いの対策

 

 

スプレーで足の臭いの対策をしよう

気になる足の臭いを対策できる方法の一つがスプレーの使用で、自分の手を汚さずに使えるということで、男性からも女性からも愛されております。

 

毎日のように履いている靴の中は、汗や雑菌の宝庫となっており、自分の足が綺麗な状態だったとしても、靴の中から臭いが発生することも十分にあり得るのです。

 

そこで、靴用の消臭スプレーを使った対策が適しており、履物に吹きかけるだけで足の臭いを発生させる原因菌を排除し、清潔な状態で維持することができます。

 

革靴を脱いだ時などにツンとくるような不快な臭いは、足と履物の両方から発生している可能性が高いですし、靴を毎日のように洗うのは大変なので、消臭スプレーが適しているということがお分かり頂けるでしょう。

 

製品によって消臭効果や殺菌効果に違いはあるのですが、人気の高い製品を使って対策を行っていれば、「足が臭い」というレッテルを貼られずに済むはずです。

 

通販では様々な製品が販売されており、抗菌防カビ剤のモルドクラッシュが含まれた「トレンティア」、銀イオンの殺菌力に着目して開発されたスプレーの「Ag+フットスプレー」、悪臭の原因となり得る成分を臭わない成分に変えてくれるタンニンが含まれた「風の足あと」が人気となっております。

 

これらの製品を使って靴の中を清潔に保つという対策を丁寧に行っていれば、足の臭いが悪化して他人に迷惑を掛ける心配はありません。

 

しかし、足に直接消臭スプレーを吹きかけるという対策を行っている人がいらっしゃいますが、効果が高い方法だとともに、諸刃の剣だということを頭に入れておく必要があります。

 

わきがの臭いを香水で誤魔化すのと一緒で、足の臭いと消臭スプレーの心地良い香りが混ざり、余計に不快な臭いとなる可能性があるのです。

 

足を清潔に保つのは大切なことですし、そこまで臭いが強くないのであれば、消臭スプレーを足に吹きかけるという対策で不快な臭いを閉じ込めることは十分にできます。

 

それでも、あまりにも大量に使っていると、逆効果になる場合があるので、靴用の消臭スプレーを使用するか、石鹸で足を洗うという対策を行った方が良いでしょう。

 

とある調査によると、「足の悩みはある?」という質問に対し、「複数ある」と回答した方が最も多く、「かかとが乾燥してカサ付く」「足の臭いが気になる」「巻き爪が酷い」という回答が得られました。

 

足は顔よりもケアが行き届きにくい部分となっており、知らず知らずのうちにニオイが酷くなっているかもしれないので、できる限りの対策を念入りに行うようにしてください。