冬の足の臭い

 

 

冬の足の臭いについて

「冬は汗をかきづらいはずなのに足の臭いが酷くなる」ということで、悩んでいる方はいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、気温が高くなる夏場よりも、気温が低い冬場に足の臭いが引き起こされるということで、疑問を抱く気持ちは大いに分かります。

 

これは足の臭いが汗自体によって生じているのではなく、細菌の繁殖によって引き起こされているのが大きな原因で、女性の場合は特に冬場にブーツといった蒸れやすい靴を履く機会が多いはずです。

 

ストッキングを履いて更にブーツを着用してという状態は最悪となっており、長時間に渡って履いているとだんだんと蒸れてきて、足の裏にかいた汗を細菌が分解することで足の臭いに繋がります。

 

しかも、冬の汗は蒸発しにくいですし、湿度もアップするので、実は夏場よりも念入りに足の臭いのケアを行っていかなければならないのです。

 

それに、気温が低い冬場であっても、毛穴から皮脂や汗は絶え間なく分泌されておりますし、体質的にこれらの分泌量が多いという方は、余計に足の臭いに悩まされやすくなるでしょう。

 

汗の分泌量が少ないという方でも、女性の場合はブーツやストッキング、男性の場合は厚手の靴下など、通気性が悪い製品を着用する機会が冬場は多いので、足の臭いが引き起こされやすくなります。

 

暖房の効いた部屋の中にいれば、余計に高温多湿となって細菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまいますし、靴を脱いだ時にムワーンとした自分の臭いに驚くはずです。

 

そこで、冬の足の臭いを和らげたいのであれば、細菌が繁殖しやすい環境を避けるために、足の皮脂や角質、垢といったものを放置せずに綺麗に取り除く必要があります。

 

もちろん、冬場だけではなく夏場でも同じことが言えるのですが、足の指の間や爪の中に詰まった汚れを放置していると、コリネバクテリウムを中心とした細菌が臭い物質を生成するので、毎日のお風呂で丁寧に洗わなければならないのです。

 

また、ブーツといった通気性の悪い靴の着用はできる限り避けた方が良いものの、女性であればお洒落をしたいと考えるかもしれません。

 

しかし、冬場に同じブーツを何日間にも渡って着用していると、常に湿った状態となって足の臭いが取れなくなってしまうので、2足〜3足くらいをローテーションで履き続けるというケアが最適です。

 

その日に使わないブーツは、できる限り消臭スプレーを使って臭いを消したり、天日干しにして湿気を取り除いたりしていれば、足の臭いを防ぐことができます。

 

以上のように、冬場だからこそ足の臭いの徹底的なケアが大事で、日々の努力によって抑えることは十分に可能なのではないでしょうか。

 

通販では様々な消臭グッズが販売されているので、人気の高い製品を駆使して、足の臭いから逃れる努力を行ってください。

 

 

 

 


「足の臭いの種類」に関するページ
風呂上りの足の臭い
・冬の足の臭い