風呂上りの足の臭い

 

 

風呂上りの足の臭いについて

石鹸を使って丁寧に足を洗っているのにも関わらず、風呂上りの足の臭いが酷いということで悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

念入りに洗って風呂上りに自分の足の臭いを嗅ぎ、臭いということでもう一度お風呂の中に入って洗うという行為を繰り返すというケースは、決して少なくありません。

 

基本的に風呂上りに足の臭いが強まるということはないですし、清潔に保つという心がけは大事なのですが、実はお風呂の中だけではなく、風呂上りのケアも念入りに行わなければならないのです。

 

足の裏から発生する臭いを抑えるためには、お風呂から上がった後に自然乾燥を行わない方が良く、指と指の間など念入りに清潔なバスタオルなどで拭き取る必要があります。

 

仮に、足の裏や指の間にいつまでも水分が残っていると、湿気が高くなることで雑菌が繁殖しやすい状態となり、結果的に足の臭いが強まってしまうのです。

 

個人の体質によって異なるので一概には言えないものの、水分が残った状態で放置するのは危険なので、足を石鹸で洗ったら、風呂上りにしっかりと水分を拭き取るようにしましょう。

 

ゴシゴシと力を入れて洗えば足の臭いが改善されるという単純なものではありませんし、風呂上りのケアは意外と怠りがちなので、自分がどのような洗い方を実践しているのか見直す必要があります。

 

また、足の裏や指の間だけではなく、爪も足の臭いを引き起こす大きな原因となっており、爪の中に垢がたっぷりと詰まっていると細菌が繁殖し、不快な臭いが生じてしまうのです。

 

ナイロンタオルや手で洗っているだけでは、爪の中の汚れを綺麗に取り除くことはできないため、優しいブラシを使って爪の周りを綺麗に洗うのが適しております。

 

通販やドラッグストアでは、爪用のケア用品が販売されておりますし、優しいブラシを使って処置を施していれば、爪や皮膚が傷付くということはないはずです。

 

他にも、風呂上りはスリッパを別で用意しておくのが効果的で、足の裏に雑菌が付着するのを防ぐことができます。

 

毎日掃除機や雑巾で家の中を綺麗にしていたとしても、時間の経過によってホコリは溜まっていきますし、足の裏が湿っていては余計に付着しやすいので、上記でもご説明したように風呂上りに足を拭き取らなければなりません。

 

以上のように、お風呂の中でのケアと風呂上りのケアを念入りに行っていれば、少しでも足の臭いを和らげることができるはずです。

 

同時に、靴の中に消臭スプレーを吹きかけたり、面倒でも外出中に靴下を取り替えてみたりと、できる限りのケアを行うようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いの種類」に関するページ
・風呂上りの足の臭い
冬の足の臭い