足の臭いの種類

 

 

足の臭いの種類について

足の臭いに幾つもの種類があるというわけではありませんが、人間の汗腺には2種類あり、それぞれ異なった成分が含まれております。

 

その2種類の汗腺とは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺で、身体中の至る場所に存在しており、足の裏は多く密集しているのです。

 

自分が想像している異常に足の裏には汗をかいており、その量は個人差が生じているものの、大よそコップ1杯分だと考えられております。

 

そして、長い時間に渡って靴を履いていれば、その汗をエサにして細菌や雑菌が繁殖しますし、靴下がじっとりと濡れたようになっていれば、足の臭いが強くなるということはお分かり頂けるでしょう。

 

しかし、足の裏に密集しているのは主にエクリン汗腺となっており、もう一つの種類であるアポクリン汗腺は、脇の下や陰部といった特定の場所にしか存在しないのです。

 

エクリン汗腺から分泌される汗の成分の約99%が水分なのに対し、アポクリン汗腺から分泌される汗の中には、アンモニアや中性脂肪といった臭い成分が含まれているため、汗をかいただけで臭いが強くなる傾向があります。

 

エクリン汗腺から分泌される汗はほぼ無臭なので、足の臭いは汗そのものが原因というわけではなく、その汗を細菌が分解して生じた物質による臭いなのです。

 

足は靴下や靴で密閉された状態になっていることが多く、細菌にとって活動しやすい環境が整っているため、男性でも女性でも体質に関係なく足の臭いが引き起こされすいのかもしれません。

 

それでも、少しでも足の裏を清潔に保てるように努力を行っていれば、人に迷惑が掛かるような臭いにはならないはずなので、日々の努力が欠かせないというわけです。


足の臭いと石鹸の種類について

足の臭いを対策する上で、綺麗に洗って清潔に保つというのは非常に大事なことなのですが、石鹸の種類にも気を配らなければならないのです。

 

ボディソープを使って足を洗っているという方が多いものの、ほとんどの製品の中に肌を保湿する成分が含まれているため、細菌が逆に繁殖しやすい状態となっております。

 

ニキビや吹き出物といった肌トラブルを改善したいのであれば、肌の乾燥には十分に注意しなければなりません。

 

しかし、足の臭いの対策には不都合なので、ドラッグストアなどで販売されている固形石鹸を使用した方が良いのです。

 

一般的な石鹸は約95%の除菌が期待できますし、薬用石鹸であれば約98%の除菌効果が期待できるので、細菌の繁殖を抑制して足の臭いを防ぐことができます。

 

通販では柿渋石鹸やQB薬用デオドラントソープといった製品が販売されており、少々高いというデメリットがあるのですが、足の臭いの対策がしたいというのであれば、石鹸の種類にも気を配らなければならないのです。

 

そして、足の裏を丁寧に洗うだけではなく、指と指の間は汚れが溜まりやすく、その汚れを放置していると雑菌が繁殖しやすいので、より念入りに洗うようにしましょう。

 

 

 

 


「足の臭いの種類」に関するページ