足の臭いと香水

 

 

足の臭いと香水について

心地良い香りがするということで、香水を足に付けて足の臭いを和らげようとしている方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、どの香水でも基本的に良い香りがしますし、足の臭いを封じ込めるのではないかと考えるのは不思議ではありません。

 

しかし、香水は複雑な成分の組み合わせによって作られており、適度に身体に付けるのであればまだしも、体臭や足の臭いを隠そうと大量に使用すると、逆に不快な臭いが引き起こされる原因となります。

 

それに、足の裏に香水を吹きかけると、汗によって香りの成分が失われ、以前よりも酷い臭いが発生して他人に大きな迷惑が掛かるというわけです。

 

わきがの不快な臭いを香水でマスキングするのが良くないと言われているように、香水を足の裏に吹きかけるような行為はできる限り避けた方が良いと言えます。

 

足の臭いは香水や制汗剤を使って隠そうと試みるのではなく、臭いの根本的な原因となっている細菌を除去するような対策を行っていかなければならないのです。

 

細菌を除去する方法としては、お風呂で丁寧に洗うというのが一番で、油脂分を落とせる力が強い固形石鹸を使って処置を施せば、足の臭いを少しでも和らげることができます。

 

毎日のお風呂で足を適当に洗っているという方は、指の間や爪の中に汚れや垢が溜まっているケースが多く、そこに細菌が繁殖して足の臭いが酷くなっているという仕組みです。

 

皮膚に棲み付いている常在菌を全て排除することはできないものの、少しでも繁殖を抑えるようなケアを行っていれば、香水でかき消さなければならないような足の臭いが発生することはないでしょう。

 

また、香水は清潔な肌に少量を付けるのであれば、良い香りを漂わせることができるのですが、汚れが付着した肌に付けると体臭が余計に悪化する原因となります。

 

どの種類の香水にも消臭効果がなく、あくまでも香りを放つだけの製品なので、足の臭いや加齢臭、体臭を抑える目的で使用しない方が良いというわけです。

 

以上のように、香水を付ける量によっては余計に酷い臭いとなってしまうことがありますし、吹きかける部位によって効果が異なるという特徴があります。

 

足の臭いの予防には適さないというのは紛れもない事実なので、他の対策方法を試して臭いを和らげるようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ