足の臭いと漂白剤

 

 

足の臭いと漂白剤について

相手に迷惑が掛かる足の臭いを少しでも対策したいのであれば、漂白剤の使用が実に適しております。

 

漂白剤を足に塗布して殺菌するというわけではなく、普段から使用している靴下を衣料用漂白剤で浸け置きして消毒していくのです。

 

実は、足の臭いは足自体から臭っているというわけではなく、汚れが溜まりに溜まった靴下から発生しているというケースも多く、あまりにも臭いが強いという方は普通の洗剤では落とせないことがあります。

 

靴下自体が臭っていれば、その靴下を着用すれば不快な臭いが生じるということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

ドラッグストアやスーパーでは、「アリエール」や「ハイター」、「ブリーチ」といった一度は耳にしたことがある衣料用漂白剤が販売されており、30分間から1時間程度に渡って浸け置きすることにより、少しでも足の臭いを消し去れます。

 

浸け置きする時は水ではなく、お湯の方が効果的で、靴下の繊維を傷つけるという可能性は低いので、こびり付いた臭いを綺麗に除去できるというわけです。

 

そして、浸け置きした靴下をそのまま自然乾燥させるのでは意味がないので、天気の良い日に天日干しをして乾かしていきます。

 

私たちの足や靴下に棲み付いている細菌はとてもしぶとく、漂白剤を使っただけでは完全に除菌することはできないので、太陽の紫外線を利用して繁殖を防ぐのが一番というわけです。

 

以上のように、お風呂で足自体のケアを念入りに行っていくだけではなく、漂白剤を使って靴下のお手入れも同時に行っていれば、足の臭いを和らげることができるかもしれません。

 

また、使用する漂白剤の種類にも気を配る必要があり、自分が使っている靴下がどのような製品なのか事前に確認してから、漂白剤を使って浸け置きを行っていかなければならないのです。

 

液体の塩素系漂白剤や粉末の還元型漂白剤は、色柄物に使用できないので、色の濃い靴下を着用しているという方は、粉末や液体の酸素系漂白剤を使った方が良いでしょう。

 

しかし、同じ酸素系漂白剤でも粉末タイプは弱アルカリ性、液体タイプは弱酸性という特徴があり、前者は毛や絹といった繊維に使用できないのです。

 

そこまで高価な靴下を着用しているという方は少ないかもしれませんが、高い衣料を自宅で漂白するのであれば、その種類にも気を配る必要があります。

 

以上のように、漂白剤を使って足の臭いの対策に繋がることは間違いないので、臭いが消えないということで悩んでいる方は、積極的に試してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ