足の臭いと風呂

 

 

足の臭いと風呂について

足の臭いがどうしても気になるというのであれば、お風呂に入った時に自分がどのようなケアを行っているのか見直してみる必要があります。

 

お風呂に入った際に、足を適当に洗っていれば、汗や角質が綺麗に落ちるということはありませんし、そこに細菌や雑菌が繁殖してしまうため、足の臭いが酷くなる大きな原因となるのです。

 

個人の体質によって少々異なるものの、足の臭いは古くなった角質が溜まり、そこにバクテリアを中心とした雑菌が繁殖し、臭い成分を出すことによって生じるので、お風呂の中でのケアは非常に大切な要素の一つとなっております。

 

足は目から一番離れた部分に位置しており、自分ではきちんと洗っているつもりでも、汚れが落ちていないこともあるので、念入りに汗や角質のケアを行っていくようにしましょう。

 

そこで、お風呂で足の臭いの処置を行うという場合は、いきなり髪の毛や身体を洗っていくのではなく、湯船にゆっくりと浸かるのが適しております。

 

殺菌作用を持ったお酢やエッセンシャルオイルを洗面器の中に適量入れて、足湯を行うという方法も選択肢の一つで、足の裏の角質がふやけて汚れや角質が落ちやすくなるのです。

 

そして、足の臭いが発生しやすい足の甲から指の間にかけて、韓国の伝統的な美用法の垢すりを行い、固形石鹸を使って普段通りにお風呂の中で念入りに洗っていきます。

 

ゴシゴシと強く力を入れて洗っても、確実に足の臭いが和らぐと言い切ることはできないものの、古くなった角質が除去されれば、細菌の繁殖を防げるということは間違いありません。

 

あまり強く引っ掻きすぎて皮膚を傷つけるのは危険で、新たな問題が発生する可能性もあるため、「優しく綺麗に洗う」ということを念頭に置かなければならないのです。

 

心地良い香りが付いた石鹸で足を洗っていれば、足の臭いそのものを除去するだけではなく、香りも自然と付くので一石二鳥だと言えます。

 

また、足の裏や指の間だけではなく、爪の中も足の臭いが発生する大きな原因なので、柔らかいブラシを使って丁寧に洗浄していかなければならないのです。

 

お風呂の中で爪の中を洗うとともに、垢が溜まらないように長さを整えておくのも、足の臭いを和らげる方法の一つとなっております。

 

更に、お風呂から上がったら、直ぐにバスタオルで足の周りを丁寧に拭き取るということも重要で、指などに水気が付着していると細菌が繁殖する大きな原因となるのです。

 

湿気のないサラサラな足環境を作れば、細菌が繁殖しづらく足の臭いを和らげることができるので、自然乾燥させるのではなく直ぐに水気を除去するようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ