足の臭いとボディソープ

 

 

足の臭いとボディソープについて

「ビオレ」や「ラックス」といったボディソープが有名で、ドラッグストアでも気軽に購入できるため、一般家庭で使われていることが多くなっております。

 

泡立ちが良く心地良い香りがするボディソープは、身体を洗うのには適しているものの、足の臭いを和らげるケアとしてはあまり適していないのです。

 

もちろん、汚れを取り除く成分がどの製品の中にも配合されているため、軽度の足の臭いで悩んでいる方であれば、ボディソープで足の臭いを改善することは十分にできます。

 

しかし、同時に保湿成分も含まれており、足を洗った後に靴下やストッキングといったものを着用すると、患部が蒸れて細菌が繁殖する大きな原因となるのです。

 

私たちの皮膚に棲み付いている細菌は、高温多湿の状況で繁殖しやすいという特徴があり、足は身体のありとあらゆる部分の中で発汗しやすいので、長時間に渡って靴下などを着用すればどんな体質の方でも蒸れてしまいます。

 

蒸れによって細菌の繁殖が促さされれば、足の臭いが酷くなることは間違いないので、できる限りボディソープではなく保湿力の低い固形石鹸を使って足を洗った方が良いでしょう。

 

固形石鹸でも種類によっては香りの良い製品が数多く販売されておりますし、ボディソープよりも油脂分を落とす効果が高いので、足の臭いの予防に最適なのです。

 

固形石鹸の特性を考えるのであれば、足の部分だけは石鹸を使って丁寧に洗い、その他の部分は肌を乾燥から防ぐためにも、ボディソープで洗うようにした方が良いかもしれません。

 

肌のカサカサにより、吹き出物やニキビといった肌トラブルに悩まされているという方は意外と多いので、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が含まれたボディソープを選ぶべきです。

 

そして、足の臭いを和らげるために使用する石鹸として、「薬用石鹸ミューズ」が人気を得ており、子供の頃に使ったことがあるという方は多いのではないでしょうか。

 

この「薬用石鹸ミューズ」を使用し、手を使って優しく念入りに足の裏や指の間、そして爪の中を洗浄することによって、足の臭いの対策に繋がります。

 

ゴシゴシと力を入れて洗えば良いという単純なものではなく、ナイロンのボディタオルなどでは肌を傷つける可能性が高く、細菌が繁殖しやすい状態になってしまうかもしれないので、手を使った方が良いというわけです。

 

お風呂から上がったら、自然乾燥させるのではなく、タオルを使用して足の隅々まで水分を拭き取り、バスマットを使うのも良いかもしれません。

 

足の臭いは病気ではありませんし、体質的に臭いが強くなりやすいとしても、毎日のケアが間違っていなければ改善できるはずなので、ボディソープではなく石鹸で足を洗うようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ