足の臭いと足湯

 

 

足の臭いと足湯について

足を丁寧に洗っても足の臭いが改善されないのは、汗や汚れが原因で臭いが発生しているからではなく、細菌が繁殖していることが要因だからです。

 

つまり、足の汚れを石鹸やボディソープで除去したとしても、細菌を駆除できていなければ意味がないので、殺菌するために足湯をおすすめします。

 

ただ入浴するだけではなく、洗面器などにお湯を入れて行う足湯は、血行を促進して老廃物を取り除けるということで、簡単な健康法だと考えられているのです。

 

それに、通常のお湯で足湯を行うのではなく、雑菌の細菌効果に優れたお酢を利用した足湯を行っていけば、足に付着した雑菌を取り除くことができるので、足の臭いは少しずつ改善されていくでしょう。

 

その方法は実に簡単で、洗面器や専用のバケツなどを通販で購入し、40程度のぬるま湯を足首が浸るくらいまで入れたら、消毒効果の高い木酢液や食酢を入れていきます。

 

特に時間が決まっているというわけではありませんが、数十分に渡って足湯を行っていれば、足の臭いを和らげてくれると同時に、血液の流れを促進してくれるため健康に繋がるというわけです。

 

もちろん、殺菌したからといって細菌の数をゼロにできるというわけではないものの、お酢が持ち合わせている殺菌効果によって繁殖を減らすことができるので、足湯は足の臭いの軽減に繋がることは間違いないと言えます。

 

家庭用の足湯グッズは通販やドラッグストアで販売されておりますし、お風呂場で使用するサンダルのようなお風呂ブーツのようなものにお湯を入れて足湯を行うのも選択肢の一つです。

 

中には、マッサージ機能やバブルが備わった足湯器なども販売されており、足の臭いを改善すると同時にリラクゼーション効果も得られるので、ストレスを解消したいという方に最適かもしれません。

 

実は、ストレスと足の臭いには大きな関係性があり、精神的な負荷が掛かっているという方は発汗量が多くなり、それだけ細菌が繁殖しやすい状態が出来上がるので、リラックスするように心掛けるのは大事なのです。

 

以上のように、お酢を使った足湯を行うことにより、足に付着した細菌の繁殖を防ぎ、結果として足の臭いが防げるということがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

ただし、お酢を入れる量があまりにも多いと、逆に不快な臭いが発生する原因となりますし、足湯を行った後に綺麗に洗浄しなければ意味がないのです。

 

足湯を行うのに最適な濃度は決まっているというわけではありませんが、だいたいコップ1杯分が目安だと考えられているので、足の臭いを少しでも和らげるために一度試してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ