足の臭いと洗い方

 

 

足の臭いと洗い方について

正しい洗い方で足を洗えているという人は意外と少なく、間違った洗い方をしていることで皮膚に汚れが付着し、足の臭いが引き起こされるという仕組みになっております。

 

足に汗といった汚れが付着していれば、雑菌の繁殖が促されるようになるので、臭い物質が生成されて足の臭いが酷くなりやすいのです。

 

臭わない足への第一歩は足の洗い方から始まるので、このページを見て正しい方法を把握してください。


石鹸を付ける前に足を濡らそう

足に付着した汚れを落とすためには、まずは足を濡らすことが大事で、洗面器の中にお湯を入れて足を突っ込んだりシャワーを使用したりと、きちんと湿らせていきます。

 

そして、指の間やくるぶしなどを重点的に擦り、表面に付着した角質をしっかりと落としていくのです。


石鹸の泡で洗っていこう

念入りに擦っていればお湯だけでも足の汚れを落とすことができるので、足の臭いは改善されていきます。

 

しかし、石鹸の使用は必要不可欠なので、殺菌効果のある成分が含まれた製品をしっかりと泡立ててから足に付けていくのです。

 

足全体を揉むような感じの洗い方がベストで、より大きな効果を得たいというのであれば、保湿効果のあるボディソープよりも固形石鹸の方が良いでしょう。

 

石鹸で足を洗う際に、ナイロンタオルなどで擦りすぎていると、角質と表皮の間にカビが棲み付き、水虫を患う大きな原因となるので、優しく洗うように心掛けるべきです。


洗浄成分を流そう

両足の裏や指などを念入りに洗い終わったら、シャワーを使って丁寧に洗浄成分を落としていきます。

 

石鹸の成分が爪の中に残されていると、逆に雑菌が繁殖する大きな原因となってしまうため、綺麗なお湯で丁寧に洗い流すことを心掛けなければならないのです。

 

洗面器で足を洗うよりも、勢いの良いシャワーを使用した方が、洗浄成分が肌に残らずに済むと思います。

 

洗浄成分が肌に無駄に残されていると、足の臭いの原因になるだけではなく、肌荒れの大きな要因となるので注意が必要です。


きちんと乾燥させよう

実は、最後の足を乾燥させるというケアが最も重要で、水で濡れたような状態で維持していると、雑菌が繁殖する大きな原因となります。

 

そのため、お風呂から上がったらバスマットやバスタオルを使用し、水分が肌に残らないように丁寧に拭き取っていかなければならないのです。

 

中々渇かないという場合は、ドライヤーを足に当てて、しっかりと乾燥するまでは細菌の繁殖を防ぐために何も履かないようにしましょう。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ