足の臭いとアルコール

 

 

足の臭いとアルコールについて

足の臭いの大きな原因は、足にかいた汗を細菌が分解したことによって生じる物質なので、この細菌の繁殖を食い止めるというのが根本的な改善となります。

 

いくら気を配っていても、足の裏に汗をかくのは仕方がないことなので、臭い物質が生成されないように、アルコールで除菌を行うべきです。

 

エタノールやオキシドールといったアルコールは、ドラッグストアで販売されており、コットンや脱脂綿などに含ませてから足の裏や指の間を念入りに拭いていきます。

 

消毒用アルコールをスプレーとして足に吹きかけるのも効果的な消臭方法の一つとなっており、殺菌成分が含まれたアルコールを塗布することによって、雑菌の繁殖を抑えられるというわけです。

 

皮膚の常在菌を全て排除するというのは絶対に不可能なのですが、アルコールを使って除菌していれば、必要以上に増えて足の臭いが酷くなるということはないでしょう。

 

爆発的に細菌が繁殖した状態を放置するのは危険で、足の臭いが悪化するだけではなく、水虫を引き起こす原因となります。

 

痒みが生じたり皮膚がボロボロになったりする水虫には幾つかの種類があるものの、どのタイプでも一度発症すると治りにくく、薬を使って対処していても再発することが多いのです。

 

水虫を患うと、患部に雑菌が繁殖しやすくなって足の臭いが引き起こされやすくなるので、アルコールを使って予防を心掛けた方が良いかもしれません。

 

しかし、肌質が弱いという方は、アルコールを肌に直接スプレーすることで赤みや痒みといったトラブルが引き起こされることが多く、病原性微生物から皮膚を守っている善玉菌まで消毒してしまいます。

 

肌に棲み付いている細菌全てが人間にとって有害というわけではなく、紫外線による刺激から肌を守っている常在菌も存在しますし、皮膚がひび割れて細菌感染を引き起こすという懸念もあるのです。

 

そのため、アルコールを使って足の臭いを和らげたいというのであれば、皮膚に直接吹きかけたりコットンで塗布したりするのではなく、靴の消臭を行う目的で使った方が良いでしょう。

 

足自体ではなく、靴が汚れていることで足の臭いが引き起こされているというケースも十分にあり得るので、アルコールで消毒して天日干しにする必要があります。

 

いくら足の臭いを和らげることができたとしても、肌が危険な状態に晒されていては意味がないので、アルコールを使う場合は十分に注意しなければならないのです。

 

また、殺菌としてアルコールを使っていくのではなく、お酒を飲む量が多いという方は、足の臭いが引き起こされやすくなっているので、できる限り控えた方が良いと言えます。

 

お酒の中に含まれているアルコール自体が強烈な臭いを発するというだけではなく、体内で代謝された後にアセトアルデヒドや酢酸といった不快な臭いを発する物質へと変化するのです。

 

それに、お酒を飲むと身体が温まり、新陳代謝が良くなって血管が拡張され、その影響で発汗量が大幅に増えるので、足の臭いを抑えたいというのであれば、お酒を飲む量に気を配ってみてください。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ