足の臭いを消臭

 

 

足の臭いを消臭する方法について

このページでは、足の臭いを消臭する方法について詳しく説明していきます。

 

頑固な足の臭いに悩まされているという方は、お風呂で足を綺麗に洗っていても臭いを取り除くことはできませんし、何かしらの対策を練らなければならないのです。

 

とは言え、絶対に足の臭いを改善できないというわけではありませんし、幾つもの消臭方法が存在するので、気に入ったやり方で実際に試してみてください。


足浴で消臭しよう

足の臭いを消臭する方法の一つが足浴で、桶や洗面器の中にお湯を浸し、その中にエッセンシャルオイルやお酢、クエン酸などを投入して数十分間に渡って足を温めていきます。

 

お酢やクエン酸の中には、雑菌を消臭する成分が含まれているので、足を清潔に保つことができますし、雑菌を殺菌することで足の臭いの緩和に繋がるのです。

 

足の裏には汗腺が密集しており、汗をかきやすいというのは仕方ありませんが、雑菌が増えれば増えるほど臭い物質が生成されやすくなるので注意しなければなりません。

 

また、殺菌作用を持ち合わせたエッセンシャルオイルを使って足浴を行えば、心地良い香りで足に良い臭いが付くとともに、リラックス効果も同時に得られます。

 

お湯に付けた足がポカポカとしてきて、額から汗が出始めるまで足浴を行えば十分な効果が期待できるはずです。


デオドラントクリームで消臭しよう

ドラッグストアではそこまで多くの種類が販売されていないかもしれませんが、通販であれば様々なタイプのデオドラントクリームが販売されております。

 

脚用として販売されているデオドラントクリームを塗れば、細菌の繁殖をしっかりと抑えることができるので、足の臭いの消臭に繋がるという仕組みです。

 

デオドラントクリームを選ぶ場合は、その中に含まれている成分が非常に重要で、発汗を抑えられるミョウバンが配合されていれば完璧かもしれません。

 

クリームタイプではなく、スプレータイプで足に直接吹きかけるタイプのデオドラント剤も販売されており、自分が使いやすいと思う製品で足の臭いを消臭していけば、他人に迷惑が掛かることはないはずです。

 

ただし、あまりにも香りが強いスプレーを足に直接吹きかけると、元々の臭いと混ざって余計に悪臭となるかもしれないので、使用には注意が必要となります。


靴や靴下を消臭しよう

足の臭いは足自体を消臭するのではなく、着用している靴や靴下を消臭するという対策も重要です。

 

仮に、足を綺麗に洗って清潔な状態で保っていたとしても、靴や靴下が汚れていて雑菌が繁殖していては全く意味がないので、きちんと汚れを落とさなければならないと言えます。

 

靴を毎日洗うという方はいないでしょうが、汗や脂がしみ込んでいることが多いので定期的に天日干しにした方が良いですし、靴下も普通の洗剤ではなく漂白剤を使って消臭した方が良いかもしれません。

 

また、靴から雑菌をもらわないように、同じ靴を履き続けるのではなく、常に3足以上をローテーションするのも、足の臭いの予防の一つです。

 

 

 

 


「足の臭いを消臭」に関するページ