石鹸で足の臭いの対策

 

 

石鹸で足の臭いの対策をしよう

足の臭いの対策をしたいのであれば、足に雑菌が繁殖しないような環境を維持するのが大事なので、石鹸を使って丁寧に洗う必要があります。

 

一般的なボディソープを使って足を洗っているという方が多いかもしれませんが、汚れを落とすことはできても、保湿作用があるので靴を履いた時に蒸れやすく、足の臭いの対策としては適していないのです。

 

そこで、足の臭いの対策には固形石鹸の使用が適しており、ボディソープと比べて油脂分といった汚れを落としやすいですし、消臭作用があれば尚更大きな効果が期待できます。

 

現在ではドラッグストアや通販で脚用の石鹸が販売されており、通常の石鹸と比べて殺菌作用が強いというだけではなく、爽快感を得られるというところも大きなメリットかもしれません。

 

製品によって価格は大きく異なるものの、500円程度で入手できる製品が多いので、手軽に足の臭いの対策ができるというわけです。

 

数ある製品の中でも、抗酸化作用や消臭作用があるポリフェノール配合石鹸が適しており、足の臭いの原因にしっかりとアプローチしてくれます。

 

ポリフェノール配合石鹸を泡立ててから洗う前に、洗面器にお湯を張って足を湿らせ、その後に洗ってあげると足の汚れがジワジワと浮き上がってくるので、より清潔に保つことができるのです。

 

お風呂場で足を洗う際、石鹸が爪の中に残されていると返って不衛生な状態となり、足の臭いの対策に繋がらないので、丁寧に洗った後はシャワーで泡が残らないように綺麗に流すということも忘れないようにしましょう。

 

また、いくら足の汚れを落としたいからといって、ゴシゴシと力を入れて洗っていると、皮膚が傷付いて逆に細菌が繁殖しやすい状態を作ってしまうことになるので、足を傷つけないように優しく洗うように心掛けるのが大事です。

 

足は身体の部位の中でも一番下に位置しており、新鮮な酸素や栄養分が行き届きにくく、免疫力が弱まっている場合が多いので、足の臭いを発生させないためにも石鹸を使って清潔に保たなければなりません。

 

正しい足の洗い方を長期的に実施していれば、足の臭いに悩まされる確率を大きく下げることができますし、日常生活に支障を来たすということもなくなるはずです。

 

しかし、消臭作用のある石鹸を使って対策を行えば良いというわけではなく、個人の肌質によっては製品の中に含まれている成分により、肌が被れることがあるかもしれないので、購入する前に全成分を把握しておいてください。