足の臭いとイソ吉草酸

 

 

足の臭いとイソ吉草酸について

足の臭いは、脂肪酸の一種であるイソ吉草酸と呼ばれる成分が原因となっており、この成分が発生することによって不快な臭いとなって生じるようになります。

 

イソ吉草酸は足の裏にかく汗そのものに含まれているというわけではなく、汗や皮脂をバクテリアといった雑菌がエサとして摂取し、その分泌物が分解されたことで生じるのです。

 

この臭いの原因物質は、「チーズの香り」と言われておりますが、そんなにほのかなものではなく、鼻を覆ってしまうような臭いなので、足の裏から分泌されていれば酷い足の臭いとなります。

 

つまり、イソ吉草酸といった成分を発生させないようにすれば、足の臭いが酷くなるという状態を回避できるので、汚れの溜まりやすい指の間や爪の中を綺麗に洗浄した方が良いでしょう。

 

毎日のお風呂で、指を広げて1本ずつ丁寧に洗い、更に指の裏側も念入りに洗浄することによって、雑菌のエサとなる物質が減るので臭い成分が作られにくくなるという仕組みです。

 

バクテリアといった雑菌は誰の皮膚上にも存在しており、何度もゴシゴシと洗っても取り除くことは不可能なので、増殖を防ぐのが一番の足の臭いのケアだと説明できます。

 

足の臭いの原因となっているイソ吉草酸は、硫酸とエタノールを混ぜ合わせることによってイソ吉草酸エチルという物質に変化し、リンゴのような芳香に変わると言われているのですが、実際に自宅で試すのは危険です。

 

硫酸を足に塗布すると肌荒れを引き起こす原因となりますし、化学物質が含まれたものを足に塗ったからといって、直ぐに足の臭いが和らぐというわけではないので、絶対に試してはいけません。

 

全ての人の足からイソ吉草酸が発生しているというわけではありませんし、雑菌が繁殖しないような対策を行っていれば、足の臭いによって他人に迷惑を掛けることは少なくなります。

 

そこで、お風呂の中で足を丁寧に洗うというケアとともに、通販などで販売されている5本指ソックスを着用するという方法が人気を得ているのです。

 

「オッサンくさい」「ダサい」ということで、5本指ソックスを避けている女性の方は多いものの、足の指から分泌される汗をしっかりと吸収してくれるので、汗をかきやすい夏場でも雑菌の増殖を防ぐことができます。

 

それに、水虫を予防できるのもメリットの一つとなっており、足を清潔に保てるグッズの一つだと言えるのではないでしょうか。

 

自分に合った対策を行っていれば、必要以上にイソ吉草酸が分泌されるという状態を回避できるため、足の臭いを和らげられる対策を幾つか実際に試してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いと成分」に関するページ