足の臭いとアンモニア

 

 

足の臭いとアンモニアについて

足の臭いは、臭い成分が作られることによって引き起こされており、その成分の一つがアンモニアです。

 

尿の中に含まれているアンモニアは一度は聞いたことがあるでしょうし、想像しただけでも鼻をつまんでしまいそうな気がします。

 

脇の下に密集しているアポクリン汗腺からは、アンモニアといった成分が汗の中に含まれており、わきが体質の方はアポクリン汗腺が発達しているため、不快な臭いが引き起こされやすいのです。

 

しかし、足の裏にはアポクリン汗腺はなく、成分のほとんどが水分で構成されたエクリン汗腺から汗が出るため、直接的な臭いの原因になっているわけではありません。

 

それでもなぜ足の臭いが引き起こされるかというと、エクリン汗腺から分泌された汗をバクテリアといった雑菌が分解したことにより、アンモニアが生成されるからです。

 

尿の中に含まれる尿素という物質をエサにして、雑菌がアンモニアを作るという特徴があり、繁殖が進めば進むほど作られる量も増すので、更に足の臭いが激しくなるという仕組みになっております。

 

雑菌が繁殖しやすい条件としては雑菌の栄養源が豊富だということで、汗や皮脂、角質や垢が足の裏に溜まったような状態を維持していると、どんな体質の方でも雑菌が増えるはずです。

 

それに、雑菌は高温多湿を好むという特徴があり、靴や靴下といったものに覆われていることの多い足の裏は、繁殖しやすい絶好のポイントだと言えるでしょう。

 

簡単に説明すると足を不衛生な状態で保っていると、バクテリアを中心とした雑菌が繁殖してアンモニアといった臭い成分が作られやすくなってしまうので、足の臭いは余計に酷くなるはずです。

 

アンモニア臭は色々な臭いの中でもかなり強いですし、香水といった他の芳香剤でマスキングしたとしても取り除くことができない可能性が高く、逆に悲惨な臭いとなることも十分にあり得ます。

 

そのため、臭い成分のアンモニアが作られないように、足を清潔に保って細菌の繁殖を防いでいかなければならないのです。

 

もちろん、マスキングが全く意味ないというわけではありませんし、靴の中から発生する臭いを防ぐために消臭スプレーといった製品を使うのは、選択肢の一つかもしれません。

 

とは言え、アンモニア臭を更に強い臭いで隠すために、強烈な香りのする香水を足元に吹きかけるといった処置を行うのは危険だと言えます。

 

足の臭いだけではなく、体臭やわきが臭も同じように香水を使うと更に臭いを増幅させる原因となりますし、一時的な対処にしか過ぎないので、細菌の繁殖を防ぐという根本的な対策を行うようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いと成分」に関するページ