足の臭いと成分

 

 

足の臭いと成分について

足の臭いは、細菌が汗や角質を分解した時に生じる成分が原因となっており、汗そのものの成分によって臭っているというわけではありません。

 

意外とこの事実を勘違いしている方が多く、足の裏にかく汗が全ての足の臭いの原因だと思っているのです。

 

確かに、脇の下や乳輪といった場所には、アンモニアや中性脂肪といった臭い成分が含まれた汗が分泌されているため、汗自体が不快な臭いを発することがあります。

 

しかし、足の裏はアポクリン汗腺ではなく、成分のほとんどが水分で構成されているエクリン汗腺から分泌される汗なので、汗自体が臭いを発することはないのです。

 

とは言え、足は靴や靴下といったもので密閉された状態になっており、バクテリアといった細菌が増殖しやすい環境となっており、その雑菌が汗を分解したり排泄物を出したりすることで、足の臭いが引き起こされるという仕組みになっております。

 

発生した足の臭いの成分は低級脂肪酸類と呼ばれており、その中でもイソ吉草酸(きっそうさん)が主な臭い成分だと考えられているのです。

 

このイソ吉草酸は、加齢によって分泌が増えるとも考えられているため、若者よりも高齢者の方が足の臭いに悩まされやすいと言えるでしょう。

 

それに、若者であればスキンケアを念入りに行っている方が多く、女性であれば些細な臭いでも嫌がる傾向にあるため、必死で努力をするはずです。

 

その点、高齢者の場合は足元のケアが疎かになりがちで、お風呂で洗う際もただ流すだけで済ます方が多いため、イソ吉草酸が発生して足の臭いが酷くなっていると説明できます。

 

もちろん、若者でも足の裏の皮脂分泌が多いという方は、それだけ細菌が繁殖しやすい状態となっており、足の臭いを引き起こす成分が作られやすいので、徹底的にケアを行っていかなければならないのです。

 

爪の中も要チェックで、この中にゴミや垢が溜まった状態を放置しているのは危険なので、専用の爪スティックを使って取り除いたり、爪切りで適度に短くしたりしなければなりません。

 

以上のように、足の臭いは汗の中に含まれている成分が原因というわけではなく、雑菌が分解した後に生じる成分だということがお分かり頂けたはずです。

 

それでも、細菌の繁殖を防ぐために発汗量を抑えるような処置は最適ですし、皮膚の常在菌を完全に駆除できないとしても、臭い成分が作られないようにすれば足の臭いを和らげることができます。

 

 

 

 


「足の臭いと成分」に関するページ