お酢で足の臭いの対策

 

 

お酢で足の臭いの対策をしよう

足の臭いを対策するためには、清潔な状態で保つようにするというのが大前提で、そのサポートをしてくれるのがお酢となっております。

 

バナナ酢やりんご酢といったお酢は、経口摂取によって疲労回復効果が得られたり、アンチエイジングに効果が期待できたりと、美容と健康を促進するために適した食品の一つなのです。

 

このお酢の中には、雑菌の繁殖を抑えるためのクエン酸がたっぷりと入っており、同時に消臭作用も期待できるため、足の臭いの対策として適していると考えられております。

 

お酢を使って足浴をするのが最も簡単な方法で、血行が良くなるとともに足の汚れも綺麗に取り除いてくれるため、足の臭いの対策として優れているということがお分かり頂けるでしょう。

 

足浴を行うタイミングとしては、一日の生活が終わった夜や足の臭いが気になった時で、最初に今まで使用していた石鹸を使って足の指や爪などを綺麗に洗っていきます。

 

この際に、あまりにも強くゴシゴシと洗っていると、皮膚が傷付いて逆に細菌が繁殖しやすい状態になってしまうかもしれないので、特に爪の間を洗う時は丁寧に行わなければなりません。

 

そして、洗面器の中にぬるま湯を入れ、お酢であれば大さじ1杯、レモン汁であれば大さじ2杯くらいを加え、5分間程度足浴を行っていくのです。

 

たったこれだけの対策で、末梢神経の循環が良くなり、雑菌の繁殖を抑えて足の臭いを改善してくれるので、毎日でも気軽に試せる方法だと説明できます。

 

皮膚に付着している雑菌を全て取り除くことはできないですし、どんなに綺麗に洗っても常在菌は存在するものですが、酸性の環境には弱いという特徴があるので、お酢に浸けていれば過剰に繁殖することはないはずです。

 

もし、自宅に足浴を行うのに適した洗面器がない場合、通販では「足湯専科」や「スチームフットスパ」といった家庭用の足湯グッズが販売されていますし、お手頃な料金なので購入してみても良いのではないでしょうか。

 

足は毎日のように汗をかきますし、夏場であればその量も増えると仮定できるので、1日の終わりにお酢を使った足浴を行っていれば、足の臭いをしっかりと対策することができます。

 

ただし、あまりにもたくさんのお酢を入れ過ぎていると、逆に臭いが強すぎて不快感を覚えてしまうかもしれませんし、敏感肌の方は軽い炎症が引き起こされることも十分にあり得るのです。

 

足の臭いの対策に熱心になるあまり、足の皮膚の健康が阻害されていては全く意味がないので、適度なお酢を使って処置を施すようにしてください。