水虫が原因の足の臭い

 

 

水虫が原因の足の臭いについて

中年の男性が悩まされているというイメージの強い水虫にかかると、痒くて仕方ないという症状に悩まされるようになります。

 

しかし、単純に足の指の間などが痒くなるだけではなく、水虫は足の臭いを悪化させる大きな原因となり得るのです。

 

水虫になる大きな原因は、足の皮膚に繁殖するカビの一種である白癬菌(はくせんきん)で、高温多湿な場所を好むという性質があるため、汗で蒸れやすい足の裏に発生します。

 

水虫菌そのものが足の臭いの原因となっているわけではありませんが、皮膚が荒れて抵抗力が落ちると、雑菌が入り込んで不快な臭いが発生するようになるので注意しなければなりません。

 

一般的な水虫の症状である足水虫や爪が分厚くなって変色する爪白癬、足全体に水泡が形成される小水疱型や慢性化して足の裏全体が硬くなる角質増殖型など、幾つかの症状に分けることができます。

 

どのような症状を患っていたとしても、水虫によって足は痒くなりますし、細菌が繁殖しやすくなって足の臭いの原因に繋がるので、正しいケアを行っていかなければならないというわけです。

 

仮に、スプレーや消臭剤で足の臭いを和らげる対策を行ったとしても、根本的な原因を排除しなければ意味がないので、自宅でのケアでどうしようもないような状態であれば、病院で治療した方が良いでしょう。

 

とは言え、上記でも軽くご説明したように、水虫菌そのものが原因となって足の臭いが発生しているわけではなく、蒸れた状態の足に雑菌が繁殖することで引き起こされます。

 

水虫の方は、「汚い」「臭い」「不潔」というイメージがありますが、足の裏が綺麗だという方でも、かいた汗などを放置していると足の臭いの大きな原因になるのです。

 

それでも、水虫を患っている方が正常な方よりも、足の臭いが発生しやすいのは紛れもない事実なので、医師の処方によって得た医薬品を用法と用量を守って使い、根気良く治療を行っていかなければなりません。

 

水虫は人から人へと感染する可能性があり、家族や恋人と一緒に住んでいるのであれば、自分の症状で相手に迷惑が掛かるかもしれないので、myバスマットやmyスリッパを用意するべきです。

 

また、水虫を患ってから薬を使って何かしらの対策を練るのではなく、「足をいつも清潔な状態で保つ」「睡眠を取って疲れを回復させストレスを和らげる」「足に異常が見られたら直ぐに病院へ足を運ぶ」という予防を同時に行った方が良いでしょう。

 

足の指の間がふやけていたり、足の裏に小さな水ぶくれが形成されている場合、水虫を患っている可能性がかなり高いので、早めに処置を施すようにしてください。