足の臭いと爪垢

 

 

足の臭いと爪垢について

足の裏や指の間を丁寧に洗っているのにも関わらず、足の臭いが酷いという方は、もしかしたら爪垢が原因かもしれません。

 

爪の中に溜まった垢は、皆さんが想像している以上に強い臭いを発しており、フットケアを怠って爪が伸びっぱなしになっているという方は、注意が必要となります。

 

少々汚い話になりますが、爪垢をガリガリと削ってその臭いを嗅いでみて、ツーンとした場合は爪垢が溜まっていると仮定できますし、それが原因で足の臭いが悪化していることが多いのです。

 

中には、「心地良い臭い」「何だか安心する臭い」と感じることはあるものの、ほとんどの方が不快だと感じるのは間違いないので、丁寧に取り除くのが対策の一つとなります。

 

爪垢は取っても取っても沸いてくるように出てきますし、目に見える黒い物質が溜まっていなかったとしても、白い爪垢が潜んでいるかもしれないので注意した方が良いでしょう。

 

特に、足の親指の間には爪垢が溜まりやすく、そこにバクテリアといった雑菌が繁殖することでタンパク質やアンモニアといった臭い物質を発生させ、足の臭いが酷くなっていると仮定できます。

 

足の臭いを和らげたいと考えているのであれば、できる限りの対策を行っていかなければならないので、爪垢には十分に注意した方が良いということはお分かり頂けるはずです。

 

爪のサイドも爪垢が溜まりやすいポイントの一つとなっており、老廃物や排泄物が多量に出る場所でもあるので、爪のケアには注意が必要となります。

 

しかし、爪垢を取り除きたいからといって、爪楊枝などでグリグリとほじるのは危険ですし、皮膚を傷めることに繋がり足の臭いを改善するどころではなくなってしまうので、専用の爪ブラシやスティックを使うべきです。

 

通販では色々な製品が販売されておりますし、お近くのドラッグストアで販売されていることもあるので、気軽に購入できることは間違いありません。

 

ブラシを使って洗っていれば、爪垢が必要以上に溜まることはないですし、足の臭いとともに足の健康を保つということにも繋がります。

 

また、爪が伸びていると、それだけ爪垢が溜まりやすいという特徴があるので、爪きりを使って丁寧にカットしていくことが大事です。

 

あまりにも爪の伸びを放置していると、今度は足の臭いだけではなく、巻き爪といった新たな問題が発生するかもしれないので、念入りにフットケアを行っていかなければならないということがお分かり頂けるでしょう。

 

とは言え、爪を切り過ぎて今度は逆に深爪の状態になると、爪が皮膚に食い込んで巻き爪になるリスクが高まるので、爪の白い部分を1mm程度残す切り方を心掛けてください。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ