足の臭いとサンダル

 

 

足の臭いとサンダルについて

密閉された靴ではなく、普段からサンダルを履いているという方は、通気性が良くて細菌が繁殖しにくいということで、足の臭いが引き起こされにくいのではと考えるかもしれません。

 

確かに、ブーツよりも通気性は良いですし、爽快感を得られるというメリットがありますが、実は皆さんが思っているほど通気性が良くないというのが事実です。

 

サンダルを履いていると足が開放された状態となっているため、汗の蒸発には適しているものの、素足+サンダルは足の裏と密着している部分に汗が溜まりやすく、蒸れて逆に足の臭いが酷くなるケースがあります。

 

製品によって異なるのですが、基本的にサンダルは吸湿性がないため、足の裏にかいた汗が面に残りやすいということも足の臭いが悪化する大きな原因だと言えるでしょう。

 

それに、サンダルは頻繁に洗うという機会が少ないでしょうし、垢や汗の成分が溜まったままの状態を放置していれば、足自体を清潔に保っていたとしても、臭いが強くなることは十分にあり得ます。

 

もし、このようなサンダルを毎日のように履いているのであれば、着用した瞬間から不快な臭いが引き起こされ、足にしみ込む可能性が高いというわけです。

 

とは言え、夏場の暑い時期に密閉された靴を履くのは辛いですし、仕事以外の時に外出するのであれば、爽快感のある靴を履きたいと考えるかもしれません。

 

そこで、夏場であれば一つのサンダルを毎日のように使うのではなく、あらかじめ幾つかの種類を集めておき、それをローテーションするべきです。

 

サンダルは、革靴やブーツとは違って価格が安いですし、デザイン性を重視して良い製品を購入したとしても、そこまで高い金額にならないことが多くなっております。

 

また、サンダルの便利なところは、撥水効果が高い製品が多く水に濡らしても問題ないという点で、除菌シートで毎日使った後に丁寧に拭いたり、水で軽く流していれば雑菌の繁殖を防ぐことができるので、足の臭いの対策に繋がるというわけです。

 

少々面倒だと感じるかもしれませんが、発汗量が多いというのであれば、サンダル用のシールタイプのインソールを敷けば、より足の臭いの予防に繋がるのではないでしょうか。

 

このように、実は通気性が悪く足の臭いが引き起こされやすいサンダルであったとしても、普段のお手入れを丁寧に行っていれば、ある程度は和らげることが可能となっております。

 

もし、足の指の形に沿って黒ずんでいるのであれば、サンダルを脱いだ時のイメージは悪いですし、異性に見られたらせっかくのお洒落も台無しなので、汚れをきちんと取り除くという対策を忘れないでください。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ