足の臭いとパンプス

 

 

足の臭いとパンプスについて

パンプスとは、甲部が浅く紐やベルトといったものが存在しない女性用の靴のことで、実は足の臭いを引き起こす大きな原因となっております。

 

現在では素足にパンプスを履くというスタイルが女性の間で人気を得ているのですが、汗がそのままパンプスにしみ込むので危険なのです。

 

もし、靴下を履いているのであれば、足の裏にかいた汗は靴下が吸収してくれるはずですし、毎日同じものを着用している方はおらず、絶対に洗濯しているのではないでしょうか。

 

しかし、パンプスや靴を履くたびに洗っているという方はほとんどいないでしょうし、一日中に渡って履いていたのであれば相当な量の汗を吸収しているので、そのパンプスを着用しているだけで足の臭いの原因となるのです。

 

そして、たくさんの汗を吸い込んだパンプスは雑菌や細菌が繁殖するための格好の場所となり、足を清潔な状態で保っていたとしても足の臭いが引き起こされるようになります。

 

そのため、パンプスを一日中に渡って履き、更に立ち仕事をしているという女性は、余計に足に分泌される汗の量は増えるはずなので、素足にパンプスというファッションは避けなければならないのです。

 

汗を吸収させれば良いということで、「ストッキングを着用してパンプスを履けば良いのでは?」と考えている女性の方はいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、素足よりもストッキングを履いた方が足の臭いを抑えることはできますが、足を美しく見せるような設計となっているものの、汗を吸い取るような機能は持ち合わせていないのです。

 

ストッキングとパンプスでは、足の臭いの対策としては適していないので、抗菌効果を持ち合わせている中敷きを入れるのが良いと説明できます。

 

通販や靴屋さんではたくさんの種類の中敷きが販売されており、パンプスのデザインに合わせて製品を選べば、違和感なく使用していくことができるはずです。

 

また、どんな対策を練っていても、長時間に渡ってパンプスを履き続けていれば、それだけで足の臭いが強まる原因となるので、会社に出勤したら社内履きに履き替えるのが良いでしょう。

 

他にも、毎日のように同じ靴を履き続けるのではなく、数種類の製品を用意し、臭い成分を放出させて汗を乾かせていれば足の臭いが悪化することはないですし、当然のようにメンテナンスをしていれば長持ちするはずです。

 

一度に二足のパンプスを購入するのは気が引けるかもしれませんが、長期的に見ればコスト的にもお得となります。

 

汗をかくという行為は人間であれば仕方ないものの、細菌の繁殖を放置するのは危険なので、少しでも清潔な状態で保てるように努力してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ