足の臭いと血流

 

 

足の臭いと血流について

足の臭いと血流にはそこまで大きな関係性はないものの、血流が悪くなると臭いが強くなるかもしれないので注意が必要となります。

 

例えば、冷え性によって血流が悪くなると、新陳代謝が落ち始め、古い角質が剥がれにくくなり、細菌が繁殖して足の臭いが引き起こされやすくなるという仕組みです。

 

足の裏にかいた汗や古くなった角質自体で足の臭いが酷くなっているのではなく、バクテリアといった細菌が繁殖することで臭いが強まるという傾向があります。

 

そのため、手足の血流を促すような対策を行わなければ、足の臭いをケアすることはできないと言えるでしょう。

 

手足の血流が悪くなる大きな原因である冷え性は、男性よりも女性の方が悩まされやすいという特徴があり。気温が下がりやすい冬場は特に注意が必要となります。

 

女性は生理によって女性ホルモンのバランスが崩れやすく、自律神経に乱れが生じて冷え性を患いやすいので、常日頃から身体を温めるというケアを念入りに行っていかなければならないのです。

 

そこで、血流を良くするためには、ショウガの汁を入れた足湯がおすすめで、手足を温めると結果的に全身を温めることにも繋がるので、全身の血行を良くすることもできます。

 

更に、細胞の代謝を活発にしたり真菌に対する殺菌効果があったりと、ショウガの足湯には様々な効能があるので、実際に試してみた方が良いかもしれません。

 

そのやり方は実に簡単で、すりおろしたショウガ150gを水道水2リットルの中に入れて30分ほど煮て、適度な温度になったら洗面器などに入れて足湯を行うだけです。

 

また、冷え性だけではなく、無理なダイエットを行っていたり、精神的なストレスが過度に溜まっているという方は、血流が悪くなります。

 

精神的なストレスは、足の臭いを悪化させる大きな原因でもあるので、なるべく普段の生活でストレスを発散させなければなりません。

 

とは言え、ストレスを和らげるために幾つかの対策を練ったとしても、直ぐに血流が良くなるというわけではないので、漢方薬といった医薬品に頼った方が良いです。

 

専門医や薬剤師が指示する漢方薬を服用することにより、血流障害を改善して身体に引き起こされている不快な症状を取り除くことができるので、試す価値は大いにあると説明できます。

 

ただし、漢方薬は自分の体質に適したものを服用しなければ意味がないので、自分の判断で選ぶということはなるべくしないでください。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ