足の臭いと冷え性

 

 

足の臭いと冷え性について

足の臭いと聞くと多くの方は指の間に詰まった垢や汚れが原因で引き起こされていると考えるはずです。

 

しかし、個人の体質によっては冷え性が原因で足の臭いを引き起こしているケースがあり、冷え性で悩まされやすい女性は注意が必要となります。

 

もちろん、冷え性が直接的な原因になって足の臭いを酷くさせているわけではありません。

 

それでも、冷え性によって血行不良が引き起こされていると肌の新陳代謝のサイクルも乱れやすく、古い角質が剥がれずに足の指の隙間に溜まっていきます。

 

足の裏は他の皮膚と比較して分厚く、ただでさえ角質が蓄積しやすいですし、毛穴の中にこびりつけば普通に足を洗っているだけでは落とすことができないのです。

 

この溜まった角質をエサにして雑菌が繁殖し、足の臭いを引き起こすアンモニアといった物質を作り出すというメカニズムになっております。

 

それに、冷え性の人は血行不良で角質が溜まったことが原因で水虫に悩まされやすく、水虫ができやすい環境は細菌の繁殖が促されやすいため、不快な足の臭いに繋がるのです。

 

冷え性の女性は特に足にかかる温度の高低が大きく、一度温まると通常時よりも温度が上がって汗をかきやすく更に環境は悪化するため、足の臭いには十分に注意した方が良いでしょう。

 

水虫と聞くと中高年の男性や親父が引き起こす症状だとイメージするかもしれませんが、意外にも冷え性の若い女性でも悩まされているのです。

 

以上のことから、足の臭い自体を対策するのも忘れてはなりませんが、冷え性も同時に改善した方が良いかもしれません。

 

冷え性によって足の臭いが酷くなりやすいだけではなく、膀胱炎や慢性関節リウマチ、自律神経失調症といった病気に発展しやすくなります。

 

そこで、冷え性を対策するために定期的な運動が適しており、身体の筋肉量を増やすことで体温が上がりやすくなって芯から温められるようになるのです。

 

また、身体を温める作用のある食べ物や飲み物を積極的に摂取するのも忘れてはならない冷え性の改善方法で、ショウガやねぎ、ニンニクを毎日の食生活に取り入れてみましょう。

 

冷え性の改善によって汗を抑えたり細菌の繁殖を食い止めたりできるので、結果的に足の臭いの対策に繋がります。

 

その後に、足の臭い自体を防ぐために足の裏や指の間の丁寧な洗浄を心掛けたり、足指ストレッチで血行不良を改善したりして新陳代謝を促す努力をしてみてください。

 

冷え性も足の臭いも短期間で改善できるほど甘い症状ではないので、時間をかけてゆっくりと対策するべきです。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ