足の臭いとバクテリア

 

 

足の臭いとバクテリアについて

足の臭いが発生する大きな原因は、バクテリアといった雑菌の繁殖で、足の角質や汗などをエサにしてどんどん繁殖していきます。

 

足の裏に分泌される汗自体が不快な臭いを発しているというわけではなく、バクテリアが皮脂を食べて出した排泄物により、足の臭いが引き起こされているというわけです。

 

足を清潔に保っているつもりでも、靴の中には繁殖したバクテリアが元気に生きているので、いつまで経っても臭いの解決にはなりません。

 

つまり、足を清潔に保つとともに、靴の中の消臭も行ってバクテリアといった雑菌が繁殖しないようにしなければ、足の臭いの対策には繋がらないというわけです。

 

足の裏は他の皮膚と比べると角質が厚く、新陳代謝や摩擦が原因で剥がれ落ち、垢となって溜まることでバクテリアの栄養源となり、増えれば増えるほど排泄物の量も多くなるため、足の臭いがきつくなりやすくなります。

 

目に見えるような生き物ではないので確認することはできませんが、密閉された靴の中というのは、雑菌や細菌の巣窟となっているのです。

 

また、精神的なストレスや肉体的な疲れが溜まっているという方は、発汗が多くなるという特徴があり、汗の量が多ければ多いほどバクテリアの繁殖が促されるため、足の臭いは酷くなります。

 

このような原因で生じる汗を精神性発汗と呼んでおり、ストレス社会と言われている現代で発症している方は非常に多いのではないでしょうか。

 

自分ではストレスを溜め込んでいないと思っていても、知らず知らずのうちに蓄積されていくというケースは珍しくないですし、足の臭いが原因でストレスが溜まるというように、負のスパイラルに陥ることも十分に考えられます。

 

少しでも足の裏にかく汗の量が少なくなれば、それだけバクテリアの繁殖を防ぐことができるので、毎日の生活で上手く発散していかなければならないのです。

 

「心地良いアロマオイルを焚く」「半身浴をする」「ウォーキングをする」「自分の趣味の時間を増やす」というような対策をしていれば、自然とストレスを解消することができるので、精神性発汗を抑えることができるかもしれません。

 

他にも、肉食傾向の方は分泌される汗の中に含まれる成分が、ベジタリアンの方と比べると異なり、バクテリアが増殖しやすい成分が配合されていることが多いので注意が必要となります。

 

肉食の生活は足の臭いを更に強めるだけではなく、動物性タンパク質の摂取に偏っていると様々な病気を引き起こす原因となるので、野菜や果物も同時に摂取していかなければならないのです。

 

以上のように、毎日の生活習慣に気を配ることにより、バクテリアの繁殖を抑えることができるかもしれないので、足の臭いに悩まされているという方は、一度自分の生活を見直してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ