足の臭いと汗

 

 

足の臭いと汗について

足にかく汗は、身体の他の部位にかく汗よりも臭いというイメージがあるかもしれませんが、基本的にどの部位にかく汗も同じとなっております。

 

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、汗の中に含まれている成分に違いは生じているものの、靴や靴下を履いていると高温多湿の状態になるため、足の臭いが酷くなりやすいのです。

 

汗をかくと皮膚の常在菌が繁殖し、汗自体が不快な臭いを発してないとしても、常在菌が皮膚の表面に付着した汗や角質を分解する時に、タンパク質やアンモニアといった臭い物質が生成されるので足の臭いが強まります。

 

それに、汗だけではなく毎日のお風呂できちんと足を洗っておらず、垢などが溜まって不衛生な状態になっていると、細菌を繁殖させるのに好都合な栄養分となり、臭いが余計に酷くなっているのかもしれません。

 

足の裏にかく汗は、両足でコップ1杯分だと言われており、個人の体質によって異なるのですが、新陳代謝が正常な方ほど汗をかきやすいという特徴があります。

 

この汗をかくという行為は仕方がないとしても、バクテリアやコリネバクテリウムといった細菌が足の中で繁殖すると、ツーンとした嫌な臭いの大きな原因となるので、常に清潔な状態で保たなければならないのです。

 

特に、足の爪を伸ばしっぱなしにしていると、爪と皮膚の間に垢が溜まり、その垢をエサにして細菌が繁殖しやすくなるので、爪を短くして清潔に保つとともに、爪ブラシなどを使って垢を取り除く必要があります。

 

自分の目から足は最も離れた場所に位置しており、顔に比べるとケアが怠りがちになってしまうでしょう。

 

それでも、靴の中に消臭スプレーを吹きかけたり、汗をかいたら靴下を取り替えたりというように、面倒でもできる限りの対策を行えば足の臭いを少しでも和らげることができるのです。

 

女性の場合は、化学繊維で構成されたストッキングや、密閉度の高いブーツを着用することにより、足が高温多湿の状態になって細菌が繁殖しやすいため、コットンや麻といった天然の素材でできた靴下を履くのが適しております。

 

とは言え、汗腺が多い足や脇といった部位に、発汗が異常に発生する多汗症を患っているという方は、正常な方よりも細菌が繁殖して足の臭いが発生しやすいので十分に注意しなければなりません。

 

正常な身体であれば、暑さや運動によって体温の過度の上昇を防ぐために汗をかき、熱を発散して体温調節が行われております。

 

しかし、思春期から中年世代といった社会的活動が盛んな年齢の方は、多汗症を患うことが多く、元々の病気や服用した薬が原因の続発性多汗症であれば、その根本的な要因を取り除かなければならないのです。

 

病院では、塗り薬やボツリヌス療法、内服薬の処方といった様々な治療法が取り入れられているので、足の臭いを悪化させないためにも多汗症の方は病院を受診してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ