足の臭いのメカニズム

 

 

足の臭いのメカニズムについて

足の臭いがどのようなメカニズムで発生しているのか、知りたいという方はいらっしゃるはずです。

 

「もしかして自分の足は臭いの?」「どのような足の臭いの対策をすれば良いの?」と考える前に、メカニズムについてきちんと把握しなければなりません。

 

足の臭いは幾つかの原因によって発生しているという特徴があるのですが、基本的に足の裏に汗をかき、その汗を雑菌が分解してアンモニアといった臭い物質が生成されることで生じます。

 

汗腺から分泌される汗自体に不快な臭いはないものの、足や靴の中に存在している細菌や真菌の働きにより、アンモニアやグリセリンに分解され、足の臭いが酷くなるというメカニズムです。

 

それに加え、爪の中にゴミや垢が溜まっていたり、足の皮膚が傷付いていたりすると、細菌が余計に繁殖しやすくなるので、余計に臭いが強まる傾向があります。

 

足の裏にはたくさんの汗腺が存在しており、他の皮膚と比べると数倍もの数になっており、汗の量は何とコップ1杯分なのです。

 

しかも、足を洗うという機会は一日の生活が終わり、お風呂場に入った時くらいなので、顔や身体に比べて不衛生な状態で保たれやすいという特徴があります。

 

顔や背中といった部位であれば、ウェットティッシュなどで気軽に汚れを拭き取ることができるのですが、足は靴や靴下を脱がなければならないので、人前で拭くことはできないでしょう。

 

このようなメカニズムで足の裏は細菌が繁殖しやすくなっているため、足の臭いに悩まされているという方は意外と多いのです。

 

夏場は気温が高いので汗をかきやすくなりますし、冬場は厚手の靴下を着用したり密閉度の高いブーツを履いたりというように、足が蒸れやすくなっております。

 

足は身体のどの部位の中でも、臭いの悪循環が生み出されやすいので、足の臭いを和らげたいというのであれば、正しい対策を練っていかなければなりません。

 

細菌の繁殖を抑えることが一番の足の臭いの対策と言っても過言ではないので、通気性の良いサンダルやオープンタイプのパンプスを履いたり、靴下を履き替えたりといったケアが適しております。

 

人前では難しくても、トイレの中であれば靴下を履き替えることはそこまで難しくありませんし、汗でビショビショになった状態を維持するよりも、新しい清潔なものに取り替えた方が良いのです。

 

毎日の足の洗い方も重要なポイントの一つとなっており、ボディソープを使用するよりも、油脂分を落とす力が強い固形石鹸を使って足の裏や指の間などを丁寧に洗っていきましょう。

 

足を洗い終わって水気が残った状態で維持していると、細菌の繁殖が促されやすいので乾燥させるためにタオルで拭き取り、パウダーを足に付けるという対策も適しております。

 

どのようなメカニズムで足の臭いが酷くなっていたとしても、毎日の念入りなケアを行っていれば悪化を防げるはずなので、是非積極的に試してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いのメカニズム」に関するページ