靴下で足の臭いの対策

 

 

靴下で足の臭いの対策をしよう

足の臭いの大きな原因は細菌によって分解された汗となっており、足の裏を不衛生な状態で保っていると臭いが強まる傾向があります。

 

そこで、靴下の選び方で足の臭いを対策するのは一つの選択肢で、清潔な状態を維持するためには欠かせない要素の一つなのです。

 

ストッキングといった化学繊維で構成されている靴下は、汗の吸収率が低く湿気も充満しやすいため、足の臭いの対策としては適しておりません。

 

逆に、吸収率が高く速乾性のある生地で作られた靴下を履くように心掛けていれば、足の臭いを少しでも和らげる対策となるのです。

 

もちろん、個人の体質によって汗のかきやすさは異なりますし、気温が高い夏場は嫌でも汗をかきやすいので、足の臭いは強まってしまいます。

 

それでも、靴下の選び方に気を配っていれば、雑菌が必要以上に繁殖するのを防いでくれるので、足の臭いの対策に繋がるというわけです。

 

そこで、数ある製品の中で足の臭いの対策に繋がるのが5本指靴下で、指と指とが接触するのを防いでくれるため、汗をかきにくく雑菌が繁殖しづらいというメリットがあります。

 

デザイン性が悪いということで、女性の方は5本指靴下を着用したくないと考えるかもしれませんが、最近ではオシャレな製品が登場しておりますし、皮膚の表面が過剰に湿ることがなくなるので、不快な臭いを発することは少なくなるでしょう。

 

また、靴下を構成している生地の種類で選ぶのも一つの方法となっており、通気性が良く涼しさも得られるので夏場に適した「コットン」、エコロジー繊維として注目を浴びており、消臭効果や抗菌作用が得られる「麻」が優れております。

 

角質を軟化して防臭効果が期待できる「シェルーナ」や、化学繊維の中でも吸水性と吸湿性を重視している「レーヨン」で作られた靴下を着用することでも、足の臭いの対策に繋がるはずです。

 

足自体を清潔に保つために丁寧に洗うだけではなく、このような靴下を普段から着用することによって足の臭いの対策に繋がるので、「他の人に迷惑を掛けたくない」と考えているのであれば、靴下の選び方に気を配った方が良いかもしれません。

 

そして、1日中に渡って使用した靴下を丁寧に洗うということも大事で、細菌が繁殖しないように除菌していれば、多少足の裏に汗をかいたとしても、不快な臭いが生じなくなります。

 

雑菌は熱に弱いという性質があるので熱湯で消毒をしてみたり、同じような効果を得るためにスチームアイロンを当てたりといった対策をすれば、靴下が普段よりも綺麗な状態となるはずです。

 

白い靴下であれば塩素系のハイター、色落ちするのを防ぎたいというのであれば酸素系洗剤で漂白するのも効果的なので、自分が使っている靴下の種類や洗い方を見直してみてください。