足の臭いとワセリン

 

 

足の臭いとワセリンについて

乾燥のケアに欠かせないスキンケア用品の一つがワセリンで、赤ちゃんから高齢者まで、様々な人から愛されている保湿剤となっております。

 

肌の乾燥によってニキビや湿疹といったように、ありとあらゆる肌トラブルが引き起こされやすくなるため、健康的な皮膚を維持するためにはワセリンが欠かせないのです。

 

しかし、肌を保湿する作用があったとしても、足の臭いを改善できるというわけではないので、対策グッズとしてはあまり適していないと説明できます。

 

刺激的な臭いがするというわけではないので、ワセリンで足の臭いが改善されるのではないかと考える方が多いかもしれません。

 

しかし、足の臭いは肌に潤いを与えて保湿するというよりも、乾燥させて細菌の繁殖を防がなければならないので、ワセリンでは大きな効果が得られないというわけです。

 

肌の乾燥を防ぐことができたとしても、細菌を除菌するような効能は持ち合わせていないので、足の臭いを治していきたいのであれば、他の方法を試してみた方が良いでしょう。

 

数ある対策方法の中でも最も大きな効果が期待できるのが足の洗浄で、無駄な汚れや角質が残されたままの状態を維持していると、それだけ細菌が繁殖しやすくなります。

 

そして、その細菌が臭い物質を生成し、足の臭いが酷くなるという仕組みなので、毎日のお風呂で丁寧な洗浄を心掛けていかなければならないのです。

 

ただ固形石鹸で洗うだけではなく、100円ショップなどで販売されている軽石やブラシといったグッズを使うのが最適で、手では落とせない汚れもしっかりと除去してくれます。

 

同時に足だけではなく、爪の中に溜まったゴミや垢を取り除くことで、細菌による腐敗物質の生成を防ぎ、足の臭いは徐々に和らいでいくはずです。

 

もし、軽石などを使って足を洗った場合、乾燥肌の方はかなりカサカサの状態になってしまうかもしれないので、そのような時は必要に応じてワセリンなどを塗布するのが良いかもしれません。

 

ワセリンの中には油分がたっぷりと含まれており、その油分で肌の水分を閉じ込め、紫外線や細菌といった外部の刺激から肌を守ってくれるはずです。

 

ハンドクリームやリップクリームの代わりとして使用できるというところも、ワセリンの大きな利点だと言えるのではないでしょうか。

 

以上のように、足の臭いを直接和らげることができないとしても、肌を健康に保つサポートをしてくれるグッズなので、時と場合に応じて使用してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いを薬で改善しよう」に関するページ