足の臭いとオロナイン

 

 

足の臭いとオロナインについて

殺菌成分がある薬を足に塗布することで、雑菌の繁殖を抑えて足の臭いを和らげられるということで、オロナインを使っているという方がいらっしゃいます。

 

大塚製薬から販売されているオロナインは、一昔前から多くの国民に愛されている医薬品で、「オロナインH軟膏」や「オロナイン液」など幾つかの種類があるものの、あかぎれや切り傷、すり傷やニキビなどありとあらゆる皮膚トラブルに効き目があるのです。

 

「皮膚が傷付いたらとりあえずオロナインを塗ろう」と育ったという方は多いかもしれません。

 

この万能な医薬品の中には、雑菌を殺菌する成分が含まれており、足の臭いは雑菌の繁殖によって引き起こされているということで、足に直接塗布すると殺菌できるというわけです。

 

実際に、体臭やわきが臭で悩まされている方が、脇の下にオロナインを塗布したことで臭いを抑えられたという報告があり、試す価値は大いにあると説明できます。

 

残念ながら、重度のわきが体質の方には効き目がないようですが、オロナインの中に殺菌消毒できる成分が含まれているというのは紛れもない事実なので、足の臭いにも何かしらの効果が得られるというわけです。

 

とは言え、オロナインが臭いのトラブルに効き目があるということに対して、皮膚科の医師の見解はなく、特に変化がないという方はいらっしゃるでしょう。

 

そのため、足の臭いを和らげるには、もっと他の方法を実践する必要があり、幾つかの対策を練ることによって少しずつ改善されていくはずです。

 

しかし、水虫を予防するために、オロナイン軟膏を足に塗布するのは効果的な手段の一つで、軽度の症状であれば和らげることができます。

 

皮膚がボロボロになっていたり、痒みが激しかったりと、重度の水虫で悩まされている方はオロナインだけでは症状を和らげることができないはずなので、皮膚科の医師に処方してもらった薬を使わなければなりません。

 

市販薬では水虫を綺麗に治すことができないかもしれませんし、時間の経過によって再発しやすい皮膚病なので、医師の用法と用量に従って薬を服用していかなければならないのです。

 

以上のように、足の臭いに幾らかの効果が期待できるオロナインとなっておりますが、皮膚のトラブルを治すという目的で販売されている医薬品なので、健康な肌にベタベタと塗布することはおすすめできません。

 

自分の足ではなく、靴からアンモニアといった物質が生成されて臭っているというパターンも十分にあるので、靴の消臭剤などを活用して足の臭いを和らげる努力をしてみてください。

 

 

 

 


「足の臭いを薬で改善しよう」に関するページ