足の臭いとマキロン

 

 

足の臭いとマキロンについて

傷薬の一つとしてマキロンは非常に有名で、転んで足をすりむいた時に、ガーゼにマキロンをしみ込ませて消毒したことがあるという方はいらっしゃるはずです。

 

この第一三共ヘルスケアから販売されているマキロンには、殺菌を消毒する作用があるということで、足の臭いを和らげるために使っているという方がおります。

 

確かに、製品の説明には殺菌消毒作用があることや、抗炎症作用でキズのトータルケアが行えると記載されておりますし、オキシドールと同じように皮膚組織に反応する細菌を殺してくれるのです。

 

足の臭いは、足の裏から分泌された汗や皮膚に残された角質をエサにして、雑菌が繁殖することで生じやすいため、その雑菌の繁殖を抑えるという意味でマキロンの使用は適しているかもしれません。

 

それに、ドラッグストアで簡単に手に入れることができる第3類医薬品なので、直ぐに足の臭いを和らげるための処置を施せるというメリットがあります。

 

しかし、基本的にマキロンは傷口に対して使用するものですし、足の臭いは皮膚の異常によって生じているわけではないので、健康な肌に塗布するとトラブルが引き起こされる可能性があるのです。

 

肌を乾燥させる作用があるため、汗の分泌を抑えるという点では足の臭いの対策として適しているかもしれませんが、肌への刺激を考えればあまり積極的に試さない方が良いでしょう。

 

「マキロン=万能な傷薬」というイメージを持っている方が多く、顔にできたニキビや背中にできた吹き出物に、マキロンを使用しているという方は多くいらっしゃいます。

 

コットンや脱脂綿にマキロンを垂らし、ニキビの部分だけにピンポイントに塗布すれば、炎症を抑えて症状を和らげられるようですが、逆に炎症が酷くなることもあるのです。

 

ドラッグストアで販売されていたとしても、マキロンが医薬品ということには何ら変わりはないので、足の臭いを和らげる場合もニキビを治す場合も、慎重に使っていかなければなりません。

 

足に付着した雑菌を取り除くために、マキロンを水で薄めて洗面器の中に入れ、足湯を行うという対処を行っていると、肌が傷むことは間違いないです。

 

どんな薬を使用したとしても、皮膚の常在菌をゼロにすることはできないですし、私たちに悪影響を与えるばかりではないので、上手に共存していかなければならないと説明できます。

 

マキロンといった医薬品に頼らなくても、通販ではスプレーやクリームなど、様々な足の臭いを消臭できるグッズが販売されているので、専用の製品を使ってケアを行うようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いを薬で改善しよう」に関するページ