子供の足の臭いの原因

 

 

子供の足の臭いの原因

子供の足の臭いが酷いということで、悩んでいる親御さんは多いかもしれません。

 

子供の足の臭いが大人よりも酷くなる原因は幾つか挙げられるのですが、その一つが新陳代謝となっております。

 

子供は大人と比べると身体の新陳代謝が活発で、脇や足などに汗をかきやすいため、細菌たちのエサとなって繁殖し臭いが強まるという仕組みです。

 

靴や靴下の中に汗を大量にかくと、細菌が繁殖しやすい環境が出来上がり、汗を分解してアンモニアといった物質が形成されることで足の臭いが酷くなります。

 

また、靴の汚れも子供の足の臭いの原因で、成長が早いということもあり、せっかく購入した靴でもワンシーズンで小さくなることが十分にあり得るので、同じサイズの靴を買うという家庭は少ないのです。

 

それに、子供の場合はお気に入りの靴を毎日でも履きたいと考えますし、何週間も洗わずにそのままの状態で維持することにより、汗や雑菌が靴の中に溜まり続け、足の臭いが発生する原因となります。

 

汗は靴の中にしみこみますし、仮に足自体を清潔に保っていたとしても、靴の中から不快な臭いが発生しているケースもあるので、洗濯できる靴は小まめに洗った方が良いでしょう。

 

子供の靴が1種類しかないという場合、洗って渇くまでに履く靴がなくなってしまうので、最低でも同じサイズの靴を2つは購入して、ローテーションするようにした方が良いのです。

 

他にも、足の不潔が原因で子供の足の臭いが悪化していることも多く、小さな子供の場合は自分から爪を切ろうとは考えないので、知らず知らずの間に伸びてしまっているケースがあります。

 

足の爪は手の爪よりも伸びにくいということで、頻繁にチェックすることはないかもしれませんが、あまりにも伸びすぎているとゴミや垢が溜まって、嫌な臭いが発生しやすくなるのです。

 

子供の爪は親御さんが常にチェックして、伸びすぎないように処置を施していかなければなりませんし、ある程度成長したのであれば、清潔さを心掛けるために小まめにカットしなければならないと教育した方が良いかもしれません。

 

一人でお風呂に入れるような年齢になり、丁寧に足の裏や指の間を洗っているという子供は意外と少ないので、足の洗い方に関しても親御さんが正しい指導をしていかなければならないのです。

 

以上のように、子供は大人よりも足の臭いが強まりやすい原因が潜んでいるので、学校でイジめられないためにも、清潔さを心掛けなければならないと説明できます。

 

肥満といった原因で過剰に皮脂が分泌されるようになり、足の臭いが強まっていることもあるので、肉類やお菓子ばかり与えるのではなく、野菜中心の食生活を心掛けるようにしてください。