重曹で足の臭いの対策

 

 

重曹で足の臭いの対策をしよう

足の臭いを消す方法として効果が高く、尚且つ簡単に行えるということで重曹による対策が注目を浴びております。

 

男性の方は重曹についてあまり知らないかもしれませんが、鉱山やガラスを作る際の副産物として得られる炭酸水素ナトリウムのことで、研磨作用や消臭作用を持ち合わせているため、キッチンの汚れ落としとして活用されているのです。

 

結晶タイプやパウダータイプなど、ドラッグストアで販売されている種類には大きな違いがあるものの、どれも足の臭いを抑える対策として非常に適しております。

 

その対策として、重曹を溶かしたお湯で足を洗ったり、重曹とともにティーツリーといったエッセンシャルオイルを入れてスプレーを作ったりという方法が挙げられ、様々な使い方ができるという点が優れているのかもしれません。

 

この重曹は人体に悪影響を与えるということは絶対にありませんし、足の臭いを消してくれるという作用を持ち合わせているので、お湯に溶かして洗うだけで不快な臭いを和らげてくれるというわけです。

 

足が不衛生な状態となり、そこに細菌が繁殖することで足の臭いは加速するという特徴があるので、清潔さを心掛けなければならないということはお分かり頂けるでしょう。

 

通常のボディソープを使って足を洗うよりも、重曹を溶かしたお湯で足の裏や指の間を擦るだけで、足の臭いの対策に繋がります。

 

スーパーでは様々な種類の重曹が販売されており、身体の一部分に使うのであれば純度の低い工業用よりも、医療用や食用の縦走を使った方がより安全です。

 

医療用や食用であれば、アトピー性皮膚炎といった皮膚病を患っていない限り、痒みや赤みといった肌トラブルが発生することはほとんどありません。

 

抗菌作用を持ち合わせている物質なので、足を洗う際に使用するのではなく、出掛ける前に靴下やストッキングに重曹を溶かした水を吹きかけておけば、足の臭いを抑える対策となります。

 

以上のように、気軽に手に入れることができる重曹で色々な足の臭いの対策を練ることができるので、男性からも女性からも愛されているグッズとなっているのです。

 

また、いくら足の臭いを消したとしても、普段から使用している靴が汚れていれば細菌が繁殖する大きな原因となってしまうため、靴の中に直接スプレーしたり、重曹を直接靴の中に入れるという方法も適しております。

 

重曹が不快な臭いや湿気を吸い取ってくれるため、前日に靴の中に放り込んでおけば、翌朝には嫌な臭いがリセットされて、快適な状態で靴を使用することができるのです。

 

足の臭いは病気というわけではありませんし、誰でも同じように引き起こされる可能性がありますが、放置していると他人に迷惑が掛かる可能性が高いので、できる限りの対策を練るようにしてください。