女性の足の臭いの原因

 

 

女性の足の臭いの原因について

足の臭いは女性よりも男性の方が酷いというイメージがありますが、決してそんなことはありません。

 

個人の体質によって異なるので一概に説明することはできないのですが、女性は足の臭いが強まる原因が潜んでいることが多いので、男性よりも酷くなることがあるのです。

 

恐らく、女性は男性よりも臭いに敏感で、自分の足の臭いや体臭といったものに気を配り、全力で和らげるような対策を練っているからこそ、男性の方が足の臭いが酷いというイメージが強いと説明できます。

 

その原因の一つが、ブーツやストッキングとなっており、女性は足の蒸れやすいグッズを使っていることが多いため、汗をかきやすい夏場は特に足の臭いが酷くなりやすいのです。

 

足の裏には汗腺が集中しており、ただでさえ汗をかきやすいというのにも関わらず、足が蒸れやすいストッキングやブーツを常に履いていれば、足の臭いの原因となることはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

ストッキングは化学繊維で作られているため、汗を吸収する能力はほとんどありませんし、ブーツも通気性のことが考えられていないデザインの製品が多いので、かいた汗がそのまま靴の中に蓄積されます。

 

汗自体から不快な臭いを発しているというわけではありませんが、細菌や雑菌が繁殖してその汗を分解するようになると、アンモニアやタンパク質といった臭いの原因となる物質が発生するのです。

 

靴を履いている足は密閉状態なので、足の温度は上昇し汗が蒸発できないですし、ブーツは他の靴と比べて余計に高温多湿になりやすいので、女性の方ほど足の臭いのケアを丁寧に行わなければならないと説明できます。

 

もちろん、男性の方でもスニーカーよりも男用のブーツを履く機会が多いという方はいらっしゃるはずなので、不快な足の臭いで他人に迷惑を掛けないためにも、普段のケアを疎かにしてはいけません。

 

また、女性の場合はマニキュアの一種で、足や足の爪の見た目を良くするための化粧であるペディキュアを施しているという方が多いはずです。

 

しかし、ペディキュアをするために足の爪を伸ばしていると、ホコリや垢などが自然と溜まりやすくなり、不衛生な状態となって足の臭いが発生する大きな原因となります。

 

そのため、爪を短くするのが一番の予防なのですが、見た目の美しさは女性にとって大事な要素の一つだと思われるので、定期的に爪用ブラシを使って爪の中のお掃除を行うべきです。

 

以上のように、女性の方が男性よりも足の臭いの原因が引き起こされやすいという特徴があり、ケアを怠っているといつの間にか臭いが強まっていることがあるので注意が必要となります。

 

臭わない足への第一歩は正しい洗い方だと言っても過言ではないので、固形石鹸を使って手でゴシゴシと優しく洗うようにしてください。