足の臭いとワイドハイター

 

 

足の臭いとワイドハイターについて

足の臭いがあまりにも酷いということで、ワイドハイターを使っている方はいらっしゃいます。

 

衣料用漂白剤としてワイドハイターは有名で、ドラッグストアやスーパーでも販売されており、洗剤では落としきれない汚れや皮脂を元から除去して清潔に仕上げてくれるのです。

 

「ワイドハイター 粉末タイプ」や「ワイドハイター EXパワー」など幾つもの種類が登場しており、既にご自宅で使っている方は多いかもしれません。

 

確かに、足の臭い対策としてワイドハイターを使用するのは最適で、靴下の汚れが原因で不快な臭いを発することも十分に考えられます。

 

靴下が臭ければ、当然のように足の臭いも酷くなりますし、ワイドハイターといった漂白剤で清潔感を保っていれば多少は軽減できるのです。

 

ただし、普通の洗濯物と一緒に洗うと他の衣類にまで臭いがしみ込み、最悪の場合は洗濯機まで不快な臭いを発することがあるので、靴下は別の容器と分けて浸け置きした方が良いでしょう。

 

容器の中にぬるま湯を注ぎ、その中に適量のワイドハイターを入れて靴下を長時間に渡って浸け置きしていれば、清潔感を保つことができます。

 

液体ワイドハイターの主成分は過酸化水素で、洗剤と一緒に洗うことで効果を十分に発揮できるという特徴があり、粉末ワイドハイターの主成分は過炭酸ナトリウムでウールや絹には使えないので注意が必要です。

 

どちらのタイプのワイドハイターにしても、身に付ける衣類を清潔に保つことで足の臭いの対策に繋がることは間違いありません。

 

普通の洗剤では嫌な臭いを落とせないとしても、消臭効果や除菌効果がプラスされたワイドハイターであれば清潔感を保てるはずです。

 

中には、「自分の足の臭いを消すためにワイドハイターの入ったバケツに足を突っ込むのが良いのではないか」と考えている方はいらっしゃいます。

 

しかし、強力な殺菌作用を持ち合わせた漂白剤なのでこの方法は非常に危険ですし、足の臭いが和らいでも肌トラブルが引き起こされやすくなるはずです。

 

足が乾燥してダメージを受け、古くなった角質が除去できずにいつまでも肌に残されていては、不快な臭いを漂わせる大きな原因となります。

 

何よりも、洗剤を皮膚に直接付けることで、原液を薄めていても痒みやただれといった炎症に繋がる可能性が高いのです。

 

洗剤にしても漂白剤にしても正しい使い方をしなければならないので、足の臭いに困っているからといって無理な自己流の対策を行わないようにしてください。

 

 

 

 


「足の臭いをグッズで改善しよう」に関するページ