足の臭いとシッカロール

 

 

足の臭いとシッカロールについて

シッカロールとは防臭剤入りのデオドラントパウダーのことを指しており、乳幼児の汗疹やただれの予防として用いられております。

 

防臭剤がシッカロールの中には含まれているということで、足の臭いの対策として使っている人も少なくありません。

 

本来の使い方としては間違っているものの、足の指の間にシッカロールを塗布すれば多少は足の臭いが改善されるはずです。

 

足の裏や指の間に汗をかきやすい人は、お風呂で洗って清潔に保っていても臭いが酷くなりやすいという特徴があります。

 

毎日のお風呂で洗うだけでは少々物足りないため、シッカロールのようなグッズを使ってみる価値は大いにあるはずです。

 

赤ちゃんの肌でも使用できるほど安全性の高いパウダーなので、シッカロールの使用によって肌トラブルが引き起こされることはないでしょう。

 

それに、足の裏や指は他の部位と比較して皮膚が分厚いため、多少は刺激の強い成分が入っていたとしても特に問題はないのです。

 

また、シッカロールには以下のような様々なタイプの製品が登場しております。

 

 

シッカロール・ハイ 缶:サラっとした肌触りでお風呂上りの使用に適している

シッカロール・ハイ 紙箱:紙箱に入ったタイプの製品で中身は上記と同じ

薬用シッカロール 缶:保湿成分のももの葉エキスが含まれているので肌が乾燥しやすい人に最適

シッカロールキュア:アルジオキサと酸化亜鉛が含まれており、汗疹の予防として大人でも使用できる

シッカロールナチュラル:肌に潤いを与える緑茶エキス(べにふうき)や植物性スクワランが含まれている

シッカロール固形:携帯するのに便利なコンパクトタイプで、外出中にも使用できる

 

 

外出中に足の臭いの対策として使用したいのならば、コンパクトで持ち運びに便利な「シッカロール固形」が適しているかもしれません。

 

ただし、「シッカロール固形」は2015年の7月15日をもって販売終了してしまったので、他の製品を使って対策を行う必要があります。

 

とは言え、足の臭いの対策としてはそこまで効果の高い方法ではないため、「足を洗って清潔に保つ」「古くなった角質を落とす」「複数の靴を履く」「足の蒸れを避ける」という処置を行ってみるべきです。

 

たったこれだけでも、不快な足の臭いを対策できますし、専用のグッズを購入しなくても他人に迷惑をかける心配も恐らくないでしょう。

 

汗をかきやすかったり蒸れやすかったりするのは体質で仕方がないので、できる限り臭いが発生しないように毎日の生活の中で努力してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いをグッズで改善しよう」に関するページ