足の臭いと木酢液

 

 

足の臭いと木酢液について

足の臭いが酷いということで悩んでいる方には、木酢液(もくさくえき)の使用が適しております。

 

炭を作る際に出る水蒸気を冷却し、液体化したものを木酢液と呼んでおり、酢酸やメタノール、フェノールやアセトンといったたくさんの成分が含まれているのです。

 

木酢液には高い消臭効果や除菌効果を持ち合わせているため、汗によって雑菌が繁殖しやすい足の裏に塗布することで、足の臭いを和らげることができます。

 

細菌の増殖を抑えれば足の臭いを対策できることは間違いないので、木酢液を入れたお湯に一定時間に渡って足を突っ込んでみましょう。

 

バケツの中に7分目程度40℃程度ぬるま湯を入れ、ドラッグストアやホームセンターの入浴剤売り場で販売されている木酢液をコップ1杯程度加え、10分間から15分間程度に渡って足を浸していきます。

 

たったこれだけで不快な足の臭いを和らげることができますし、痒みを抑えたり炎症を和らげたりする効果も木酢液は持ち合わせているので、肌トラブルの解消に繋がるかもしれません。

 

肌の乾燥と聞くと顔や背中を頭に思い浮かべる方が多いかもしれませんが、足も同じ皮膚という点では変わりありませんし、乾燥すれば肌荒れを引き起こします。

 

アトピー性皮膚炎や乾燥肌の方は特に症状が悪化しやすく、しかも足は顔とは違ってケアしにくい場所なので、木酢液を使った方が良いというわけです。

 

足の臭いと肌トラブルを同時に解消できるということで、一石二鳥の効果を得られる木酢液は素晴らしいグッズなのではないでしょうか。

 

通販では足専用のデオドラント剤が販売されており、男性でも女性でも足の臭いに悩まされることがあるので、毎日の生活の中に取り入れている方は多いはずです。

 

しかし、足専用のデオドラント剤では得られる効果は薄く、木酢液のように肌トラブルの解消には繋がらないと説明できます。

 

木酢液を使った方が根本的な足の臭いの対策に繋がるはずなので、少しでも臭いの症状を抑えるためにお近くのドラッグストアで購入してみるべきです。

 

薬効を持ち合わせていても木酢液は医薬品ではないので、肌の炎症や化膿といった副作用を引き起こすことはありません。

 

乾燥肌や敏感肌の方でも安心して試せる足の臭いの対策だからこそ、木酢液を使った方法が口コミでも高い評価を得ているのです。

 

通販であればボトルタイプやスプレータイプなど様々な木酢液が格安の料金で販売されており、個人の用途に合わせて購入して足の臭いの対策として利用してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いをグッズで改善しよう」に関するページ