足の臭いとハーブ

 

 

足の臭いとハーブについて

足の臭いを和らげられる方法の一つがハーブの使用で、20世紀の後半から健康を維持したり病気の予防をしたりと、様々な効能が期待できる植物の総称です。

 

女性の方でアロマテラピーを利用している方は多く、この際に使用されるエッセンシャルオイルのほとんどが、天然のハーブとなっております。

 

ハーブの種類によって得られる効能には微妙に違いが生じているのですが、どの植物でも心地良い香りが漂っているので、足の臭いの緩和に最適というわけです。

 

基本的にハーブは消臭効果を持ち合わせたものが多いですし、真正ラベンダー油やティートリー油といったアロマオイルは、高い殺菌効果によって皮膚を清潔に保ってくれるため、足の臭いだけではなく体臭予防にも繋がるでしょう。

 

自分の好きな香りがするアロマオイルを洗面器の中に入れ、お湯を足して足湯をしてみたり、スプレーボトルの中に入れて消臭剤の代わりにしてみたりと、ハーブは様々な活用方法があります。

 

量にもよって異なるものの、1本に付き数百円程度で購入できるものが多いので、市販で販売されている防臭剤で足の臭いを防ぐよりもコストパフォーマンスが良いのです。

 

市販で販売されている防臭剤の臭いが気に入らないのであれば、尚更自分が好きな香りのエッセンシャルオイルを使って自作の消臭スプレーを作るのが適しております。

 

多くの方に知られる有名なハーブとしては、地中海沿岸が原産地のローズマリーやラベンダー、ヨーロッパが原産地のペパーミント、中央アジア&アジアが原産地のジンジャーが挙げられ、リラックス効果を得るためにも実際に香りを確かめてから使用するのが良いかもしれません。

 

ただし、消臭スプレーの代わりとして使用していく場合、あまりにもオイルの濃度が濃すぎると肌に痒みや赤みが生じることがあり、炎症を引き起こす原因となるので注意が必要です。

 

上記でご紹介した以外のハーブとしては、抗菌作用や殺菌効果を持ち合わせているタイムがおすすめで、足の臭いの改善に繋がることは間違いないでしょう。

 

プライベートやお仕事でストレスを抱えているという方は、精神的な影響によって発汗量が増え、雑菌が汗を分解して作られる臭い成分が多くなるので、足の臭いが酷くなるという特徴があります。

 

つまり、ストレスと足の臭いには大きな関係性があるので、心地良い香りがするハーブを使って対策を行い、心身ともにリフレッシュできるように心掛けてください。

 

 

 

 


「足の臭いをグッズで改善しよう」に関するページ