足の臭いとブラシ

 

 

足の臭いとブラシについて

足の臭いは基本的に汚れによって引き起こされることが多いので、毎日のお風呂でブラシを使用し、足や爪を綺麗に洗う必要があります。

 

汗や角質といった汚れが不必要に足に残されていると、雑菌の増殖が促されて臭い物質が作られやすくなるため、足の臭いが酷くなるという仕組みです。

 

特に、足の指の爪はゴミや垢が溜まりやすいポイントの一つとなっており、不快な臭いを発することが多いので、ブラシを使って綺麗に除去した方が良いでしょう。

 

足専用の爪ブラシは、ドラッグストアや通販で販売されており、毎日ではなくとも最低でも1週間に1回はケアを行うべきです。

 

しかし、これらのブラシはタワシのように硬いタイプが多く、爪の間を洗おうとすると痛みで我慢できなくなるかもしれないので、洗顔用のブラシの使用がおすすめとなっております。

 

洗顔用のブラシであれば、程よい硬さの製品が多いので足の爪を傷つけるということはありませんし、しっかりとゴミや垢を落として綺麗にしてくれるのです。

 

自分の爪の中に溜まっている垢を取って臭いを嗅ぎ、「とんでもなく臭い」と感じた方はいらっしゃるかもしれません。

 

この垢が大量に溜まれば、鼻に近づけなくても臭いが感じ取れるようになりますし、衛生面でも皮膚に悪いことは間違いないので、足の臭いを和らげるためには爪ブラシの使用が欠かせないと説明できます。

 

また、爪の中に垢を溜め込まないためには、適度な長さにカットしておくことが大事で、爪を伸ばしてオシャレを楽しんでいる女性の方は特に注意が必要です。

 

オシャレのためにはペディキュアは欠かせないのですが、足の臭いを和らげるという意味では全く必要ありませんし、短くしておいた方が不快な臭いの発生を防ぐことができます。

 

ただし、爪の中に垢が入り込まないように短く整えるのは大事なものの、深爪には十分に気を付けた方が良いでしょう。

 

足の親指が深爪の状態になっていると、だんだんと爪の角が皮膚に食い込んで巻き爪を引き起こし、傷ができて炎症や化膿へと発展してしまうのです。

 

巻き爪によって見た目のイメージが悪くなるだけではなく、皮膚に食い込む痛みによって歩けないという症状に陥る場合があります。

 

巻き爪で日常生活に支障が出るというケースは決して珍しくないので、足の爪の切り方には十分に気を配ってください。

 

 

 

 


「足の臭いをグッズで改善しよう」に関するページ