足の臭いは自分では分からないの?

 

 

足の臭いは自分では分からないの?

足の臭いに関わらず、体臭や口臭といった臭いは自分では分からないことが多く、知らず知らずの間に他人に迷惑を掛けている可能性があります。

 

自分の足の臭いが分からない原因は、いつも自分の臭いを嗅いでいるからで、気付かない間に感覚が麻痺しているのです。

 

そのため、他人の足の臭いや体臭には敏感だったとしても、自分の臭いにはかなり鈍感なことが多いので、きちんと対策を練っていかなければなりません。

 

自分の臭いが分からないとしても、足の臭いの対策を行っていくことはできますし、現在では様々な方法があるため、自分に合った方法を探せば少しずつ改善していくことができます。

 

その方法の一つが、足を綺麗に洗うということで、油分を落とす力が強い固形石鹸や、爪用のブラシを使用することによって、普通に手で洗うよりも綺麗な状態で保つことができるのです。

 

足を不潔な状態で維持していると、雑菌が繁殖しやすくなってアンモニアといった不快な物質が作られやすくなり、足の臭いはどんどん酷くなっていきます。

 

汗をかきやすいという体質の方は、余計に足の臭いが酷くなると想定できるので、念入りに洗浄していかなければならないということがお分かり頂けるはずです。

 

また、自分の足だけではなく、靴の中から不快な臭いが発生しているケースも十分にあり得るので、同時に靴の中の消臭も行った方が良いでしょう。

 

足の臭いと同じように、靴の中の臭いも自分では分からない状態になっているかもしれないので、重曹といったグッズを使って洗ったり、太陽の紫外線に当てて天日干しにしたりと、少しでも清潔な状態で維持していくべきです。

 

他にも、靴の中に消臭効果が期待できるインソールを敷いたり、汗を吸収してくれる5本指ソックスを履くというケアも、足の臭いの改善に繋がります。

 

「ダサい」「年寄りみたい」「かっこ悪い」というイメージがある5本指ソックスですが、足の臭いの改善効果はとても高く、手袋のように指1本1本が離れているというところがベストなのです。

 

指同士が擦れて角質が剥がれ落ちるという状態を防げますし、指の間から発生する汗を吸い取ってくれるので、5本指ソックスによって雑菌の繁殖を防げるということは間違いありません。

 

以上のように、どんな体質の方でも足の臭いが酷くなることはありますし、自分では臭いが分からないとしても、清潔に保つ心掛けをしていかなければならないのです。

 

個人の体質によっては、長期戦になるかもしれませんが、足の臭いは病気というわけではないので、正しい対策を練っていれば少しずつ症状を和らげていくことができるでしょう。

 

 

 

 


「足の臭いに関する疑問」に関するページ