同居人の足の臭いが酷い時は?

 

 

同居人の足の臭いが酷い時は?

同居人の足の臭いが酷いということで悩んでいる人は意外と多く、デリケートな問題なので一緒に住んでいる友人や恋人でも上手く伝えられないかもしれません。

 

社会生活を営む上で足の臭いだけではなく、口臭や体臭が気になってしまうシーンに出くわすことはあります。

 

特に、夏場は汗をかきやすいので一層臭いも酷くなりやすいですし、自分もまた知らず知らずのうちに他人へと不快感を与えていることはあるのです。

 

同居人ならば常に毎日一緒の空間で過ごさなければならないので、あまりにも足の臭いが酷いのならばきちんと告げる必要があります。

 

何も言わなければ同居人は自分の足の臭いに気付かないかもしれませんし、自分がこの先ずっと我慢しなければならないのです。

 

しかし、デリケートな問題を相手に伝える時は細心の注意を払わなければならず、米紙オーガスタ・クロニクルによると以前に61歳の男性が56歳の同居人に「お前の足は臭い」という指摘を受け、口論がヒートアップしてナイフで切りつけてしまったという事件が起きました。

 

命に別状はなかったものの、一歩間違えれば生死に関わる問題となっていたでしょうし、親しい間柄でも言い方には注意しなければならないことがお分かり頂けるはずです。

 

「お前の足が臭くてこっちは困っているんだよ」と告げれば誰だってカっとくるはずなので、以下のようにオブラートに包んで伝えるのが良いのではないでしょうか。

 

 

・○○君も俺と同じでちょっと足が臭いんじゃない?一緒に対策しようぜ!

・足の臭いを和らげるのに○○○を使うのが良いみたいだよ

・夏場の足の臭いは○○○を使うのが良いよね〜、試したことある?

 

 

上記のように優しく伝えていれば口論になることはありませんし、相手も「もしかしたら自分の足の臭いで迷惑をかけていたかも」と気付くはずです。

 

同居しているということはそれだけ仲が良かった証拠ですし、その間柄に溝を作らないためにも相手を思いやる気持ちが大事かもしれません。

 

特に、足の臭いは丁寧に洗浄していたとしても、長時間に渡って靴を履いていればバクテリアといった雑菌が繁殖してすえたような強い臭いが発生します。

 

汗をかきやすい夏場はどうしようもないので、できる限り足を清潔に保つように努力するべきです。

 

汗の吸収性の良いインソールは通販で販売されておりますし、除菌用のウェットティッシュや足用消臭スプレーを定期的に使用するだけで大分緩和されます。

 

もしかしたら同居人も自分の足の臭いで迷惑しているかもしれないので、思いやりを持った行動を心掛けてください。

 

 

 

 


「足の臭いに関する疑問」に関するページ