足の臭いはどこから発生するの?

 

 

足の臭いはどこから発生するの?

「足の臭いはどこから発生するの?」という疑問を抱えている方は多くいらっしゃいます。

 

個人の状態によって異なるので、一概にどこから臭っているのか説明するのは難しいのですが、基本的に足の裏や指の間、爪の中から発生しているのです。

 

これらの部位の清潔感が保たれていない場合、汗や汚れをエサにしてバクテリアやコリネバクテリウムといった雑菌が繁殖し、排泄物を出すようになります。

 

その排泄物の中には、アンモニアや中性脂肪といった嫌な臭いを発する物質が含まれているため、汚れていると足の臭いが加速されるという仕組みです。

 

そのため、どこから足の臭いが発生しているとしても、綺麗な状態で保たなければならないというのは最低条件なので、固形石鹸を使って念入りにお風呂の中で洗わなければなりません。

 

ボディソープを使っていると、保湿成分によって足に潤いが与えられてしまい、雑菌が繁殖しやすくなるので固形石鹸の方が圧倒的に良いですし、油脂分といった汚れを落とす力がボディソープよりも強いのです。

 

単純に手で足を洗うだけではなく、角質取りや爪用ブラシといったグッズを使用することにより、普通に洗っているだけでは落ちない汚れを落としてくれるので、だんだんと足の臭いが改善されていきます。

 

わきがは脇の下から、口臭は口の中から発生しているように、足の臭いは足や爪から発生していると考えるのが普通なので、患部の清潔さを心掛けなければならないということはお分かり頂けるはずです。

 

足の裏はありとあらゆる身体の部位の中でも汗をかきやすく、その影響で雑菌が繁殖しやすいため、どんな体質の方でも足の臭いが酷くなりやすくなっております。

 

それでも、普段のフットケアを丁寧に行っていれば、他人に迷惑が掛かるような足の臭いには悩まされないはずですし、水虫や爪白癬といった皮膚病の予防にも繋がるでしょう。

 

また、足自体のケアを行うとともに、普段から着用している靴のお手入れを行っていかなければならず、靴の中から腐敗臭のようなものが発生している可能性も十分にあり得ます。

 

特に、ブーツといった通気性の悪い靴を毎日のように履いている女性は、知らず知らずのうちに靴の中が悲惨な状況になっているかもしれないので、水洗いや天日干しにして少しでも清潔な状態を維持できるように努力してみてください。

 

 

 

 


「足の臭いに関する疑問」に関するページ