足の臭いはチェックできる?

 

 

足の臭いはチェックできるの?

足の臭いは自分では気が付かないかもしれませんが、チェックすることは十分に可能です。

 

セルフチェックを行って足の臭いが酷いということが分かったら、できる限り早めに対処していく必要があります。

 

放置したところで自然に臭いがなくなって良い香りになることはないですし、足の臭いが人間関係のもつれに繋がることも十分にあり得るのです。

 

そこで、自分の足の臭いに早く気が付くためにも、このページでご紹介しているチェックリストを参照してみてください。

 

 

・脂っこい食事ばかり摂取している

・甘いものが好きだ

・野菜や果物を摂取する機会が少ない

・一日中に渡って革靴やブーツを履いている

・ナイロン製の靴下を着用している

・分厚い靴下を着用している

・仕事柄歩き回ることが多い

・身体が冷えやすい

・デスクワークをしている

・運動不足に陥っている

・かかとがガサガサとしている

・足の爪を伸ばしっぱなしにしている

・お風呂で足を念入りに洗っていない

・固形石鹸ではなくボディソープで足を洗っている

・足が痒くなる

・毎日同じ靴を履いて外出している

・新品の靴を履き古すまで一度も水洗いしない

・汗をかきやすい体質だ

 

 

さて、上記のチェックリストに当てはまる数が多ければ多いほど、足の臭いが引き起こされている可能性が高いので、そのような方は注意しなければなりません。

 

「○○個以下であれば安心」という目安は設定されていないものの、ほとんどの項目にチェックが入るのであれば、知らず知らずのうちに足の臭いが酷くなっていると考えた方が良いのです。

 

もしかしたら、自分では足の臭いが酷くなっている原因が分からないかもしれないので、どうしても早めに症状を和らげたいというのであれば、恥ずかしがらずに皮膚科といった病院を受診した方が良いと言えます。

 

足の蒸れや血行不良、古くなった角質や靴の中に繁殖した雑菌など、様々な原因で足の臭いが生じやすく、病院の専門医であれば個人の症状を診て適した対策方法などを掲示してくれるはずです。

 

また、水虫が原因で足の臭いが酷くなっているという方が多いので、自分が水虫を患っているかどうかのチェックも行った方が良いでしょう。

 

「足の裏に汗をかきやすい」「爪が白くなっている」「爪がボロボロになっている」「足の裏に水ぶくれが形成されている」「指の間が赤く腫れている」「足や指が痒い」「足にヒビ割れが入っている」「指の間がふやけている」という方は、水虫を患っている可能性が非常に高いです。

 

市販で販売されている医薬品では、症状を和らげることができないかもしれないので、きちんと皮膚科を受診して治療薬を処方してもらってください。

 

 

 

 


「足の臭いに関する疑問」に関するページ