足の臭いの手術

 

 

足の臭いの手術について

足の臭いをどうしても和らげたいというのであれば、病院で手術を施してもらうという選択肢があります。

 

足の臭いそのものを除去するという治療ではなく、基本的に多汗症を治す手術だと説明するのが相応しく、汗の量を抑えることによって細菌の繁殖を防げるというわけです。

 

「わきがの手術と同じように足の臭いも手術で治せるのではないか?」と考えている方はいらっしゃいます。

 

しかし、同じ臭いの悩みということには違いないものの、わきが体質を治す手術があっても、足の臭いに直接効き目がある手術は存在しないのです。

 

それでも、汗の量を少しでも抑えることができれば足の臭いを和らげることはできるので、腰部交感神経切除術を病院で実施するのは一つの選択肢かもしれません。

 

腰部交感神経切除術は、腰の近くにある交感神経の一部を電気メスによって切除する治療法で、足の裏やお尻に汗をかくという指令を伝わりにくくすることができるため、結果的に足の臭いが和らげられるというわけです。

 

汗自体が臭っているというわけではありませんが、足の裏の細菌が繁殖するとアンモニアといった臭い成分が生成されるようになるので、ツーンとくる不快な臭いが引き起こされる可能性があります。

 

この話を聞いて、直ぐに腰部交感神経切除術を受けたいと思った方はいらっしゃるでしょう。

 

ただし、この手術には代償性発汗という副作用があり、足の裏にかく汗の量が少なくなる代わりに、顔や脇にかく汗の量が増してしまうため、今度はわきが臭や体臭の大きな原因になってしまうのです。

 

仮に、足の臭いを和らげることができたとしても、体臭が酷くなってしまっては意味がないので、積極的におすすめできる手術ではありません。

 

また、一時的に発汗を抑えるために、美容外科ではボトックス注射が行われており、ボツリヌス毒素を体内に注入することによって、汗の量を抑えることができます。

 

この手術も同じように、代償性発汗のリスクを伴いますし、ボトックス注射による効果は永久ではなく、時間の経過とともに元の状態に戻ってしまうため、同じ状態を維持したいのであれば定期的に病院で処置を施さなければならないのです。

 

肌のたるみやシワの治療と同じように、ボトックス注射は保険が適用されないため、高い費用が掛かってしまいますし、「半年間に1回」「1年間に1回」というようなペースで受けていれば大きな負担となってしまいます。

 

実際に、足の臭いを改善するために病院で手術を受け、後遺症や副作用に悩まされて後悔してしまったという方は意外と多いので、別の方法で対策を練った方が良いでしょう。

 

毎日のお風呂で足を綺麗に洗って清潔に保ったり、靴の中に消臭スプレーを掛けたりといった対策でも、足の臭いを和らげることができます。

 

そのため、できる限り病院での手術に頼らない方法で、足の臭いを和らげられるような努力をしてみてください。

 

 

 

 


「足の臭いの治療」に関するページ