足の臭いの治療

 

 

足の臭いの治療について

男性の中にも女性の中にも、足の臭いの治療を施したいと考えている方はいらっしゃるはずです。

 

「足が臭くて靴を脱ぐ時に抵抗を感じる」「足から出る汗でベチャベチャになる」「靴下やストッキングから強烈な臭いが出ている」という方は、足の臭いが悪化している可能性があります。

 

もちろん、足の臭いは病気というわけではないので、無理に治療を施すという必要性は全くないのですが、それでも他人に迷惑が掛かるような臭いを発しているのであれば、きちんと対策を練った方が良いのです。

 

病院で行われている足の臭いの治療としては、腰部交換神経切除術が挙げられ、足の臭いそのものに働きかけるというよりも、手術で足にかく汗を止めてくれるため、足の臭いの症状が和らいでいきます。

 

足の臭いは、足から分泌された汗を細菌や雑菌が分解することで生じているので、その根本的な原因を取り除けば改善できるということはお分かり頂けるでしょう。

 

この治療では電気メスを使い、交感神経を電気メスで切り取り、発汗を制限することによって汗をかかなくなり、結果的に足の臭いの改善に繋がるという仕組みです。

 

一見、腰部交換神経切除術は優れた治療法だと考えるかもしれませんが、実は物凄く難易度が高い治療で、下半身の神経が傷付くといった後遺症が残るケースがあります。

 

それに、代償性発汗という副作用のリスクもあり、足にかく汗が止まったのは良いものの、その代わりに背中やお腹など別の場所にかく汗の量が増えることもあり、足の臭いが止まっても体臭が引き起こされやすくなるというわけです。

 

以上のように、手術による治療は決して優れたものではなく、自分の身体を傷つけるだけという結果になることも考えられるので、他の方法で対策を練った方が良いかもしれません。

 

足の臭いの治療というよりも、対策と言った方が良いものの、消臭クリームの使用が実に適しております。

 

消臭スプレーでは強い足の臭いをかき消すことはできないですし、元々の臭いと混じって余計に不快な臭いが生じることもあるのです。

 

その点、消臭クリームであればそのような心配はそこまでありませんし、時間的に長持ちするというメリットも持ち合わせているので、通販で気に入った製品を購入するのが良いでしょう。

 

また、水虫を患っている場合は、水虫によって細菌が繁殖したことが原因で、足の臭いが強まっているかもしれないので、きちんと治療を受ける必要があります。

 

市販薬で痒みや炎症を抑えることは十分にできますが、完治しないうちに服用を止めると再発するので、病院で医薬品を処方してもらったり、紫外線の殺菌作用を利用した方法を行ったりと、水虫への対策を徹底的に行うべきです。

 

 

 

 


「足の臭いの治療」に関するページ