アロマで足の臭いの対策

 

 

アロマで足の臭いの対策をしよう

足の臭いの対策方法の一つとして、アロマオイルの使用が挙げられます。

 

植物の香りがギュっと凝縮されたものがアロマオイルで、花や葉などから成分を抽出しており、良い香りがするということでアロマテラピーを行っているという女性は多いはずです。

 

どの種類のアロマオイルでも同じ効果が得られるというわけではありませんが、基本的に自然の植物を精製して作っており、殺菌効果を持ち合わせているので、アロマオイルで足湯を行うだけでも十分な足の臭いの対策となります。

 

足の裏が汗をかきやすいというのは人間であれば普通なので致し方ないものの、そこに細菌が繁殖すればアンモニアといった物質が作られて足の臭いが酷くなる大きな原因となるので、アロマオイルで殺菌するのは適しているかもしれません。

 

38℃〜40℃程度のお湯を洗面器の中に入れて、その中に自分が好きな香りのアロマオイルを加えるだけで簡単に足の臭いが対策できます。

 

そして、同時にフットマッサージを行えばリラックス効果も得られるので、一日の終わりに行えば日頃の疲れを回復させることができます。

 

このように、アロマオイルによる対策を行うことにより、足の臭いを和らげてくれるだけではなく、ストレス発散と血行改善にも繋がるため、積極的に試してみた方が良いでしょう。

 

数あるエッセンシャルオイルの中でも有名で、鎮静作用が期待できるラベンダーや、殺菌消毒作用があり気持ちをリフレッシュできるティーツリー、リラックスを司っている副交感神経の働きを高め消臭作用も期待できるレモングラスといったアロマオイルが適しております。

 

もちろん、他のアロマの香りが好きというのであれば、このページで紹介したオイル以外を使っても良いですし、毎日足を清潔に保つような対策を行っていれば、足の臭いに悩まされることは少なくなるはずです。

 

原液をそのまま肌に塗布するというようなケアを行っていなければ、乾燥肌の方でも敏感肌の方でもアロマオイルを安全に使っていくことができます。

 

肌トラブルが引き起こされることなく、足の臭いの対策を行えるという点では、この方法が最も適していると言っても過言ではありません。

 

足の指や爪を清潔に保つということを心掛けていれば、臭いを抑えられるだけではなく、水虫や巻き爪といった症状の予防にも繋がります。

 

水虫になれば細菌が繁殖しやすい環境になって、不快な臭いを発することが多くなりますし、巻き爪になれば痛みで日常生活に支障が出るかもしれないので、男性の方も女性の方も慎重にフットケアを行うようにしてください。